左壁の手前には3基のシャワーカランが並び、右奥に手前を
除く3辺に大小の岩礫を並べた2.2m弱×1.65m強の御影石板
張りの湯船が配されていました。

右奥に設えられた礫積みの湯口から加温のうえ掛け流されて
いるのは、1996年に消雪用地下水を得るために井戸を掘削し
たところ、期せずして掘り当てたという会津みなみ温泉と命
名された純食塩泉。
緑褐色に濁った半透明の適温湯からは仄かな成分臭、湯口の
源泉からは微弱な金気臭と薄塩味が感じられ、細粒の黄橙色
の湯の華が多く舞う湯に浸かると、肌が少しつるきししまし
た。
  住 所   福島県南会津郡南会津町山口村上798-9
  電 話   0241-72-2132
 営業時間   10:00~21:00 (1~2月 10:30~20:30)
 入浴料   350円
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり・塩素系薬剤 使用)
   
 源 泉 名   会津みなみ温泉源泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量   92   ℓ/min
 泉 温   28.0  ℃
 pH   6.8
 成分総計   3.824 g/㎏
    Li=1.1/Sr=0.8/Na=1147/K=23.3/Ca=39.4/Mg=22.1/
  Fe2=2.1(1236㎎/㎏)
  F=2.3/I=0.3/Br=3.2/Cl=1340/SO4=313.1/HCO3=646.3/
  S2O3=0.4(2306㎎/㎏)
  HAsO2=0.7/H2SiO3=43.5/HBO2=34.8(79.0㎎/㎏)
  CO2=203.5(203.5㎎/㎏)
          
〔2007.05.08〕
 入浴履歴   初訪14.09.13
 評 価   ★★★★
 会津みなみ温泉
天然温泉 里の湯
             あいづみなみおんせん てんねんおんせん さとのゆ
奥に長い鉤形を呈した浴室は、床
をタイル張り、壁をコンクリート
の打ちっ放しにした洒落た造りと
なっていますが、いささか換気が
悪く、室内はミスト状態となって
います。
ガラス扉の入口を入ると、左手に
電気店と繋がった受付がありまし
たが、訪れた時はどなたもいらっ
しゃらなかったので、右端に設け
られている料金入れに入浴料を投
入しました。
『天然温泉 里の湯』は、南会津町役場から国道121号と289号で28.9㎞
西進し、南会津町役場南郷総合支所前交差点から国道401号で南へ160m
ほど向かうと左手に所在する、㈲谷地電気山口支店というPanasonicの
電気店が2001年5月に開業した公衆浴場です。

国道の歩道脇に立つ“天然温泉”の幟を目印に3階建て建物の南側に車
を停め、店舗へ向かって歩を進めると、電気店のすぐ右が浴場となって
いました。
2階には客室もあり、素泊まりも可能となっています。

トップページへ



福島県の温泉へ



温まりの良い泉質故、長湯は叶い
ませんでしたが、使用されている
という塩素系薬剤の影響はほとん
ど気にならず、ゆったりと独占浴
を満喫させていただきました。
          〔15.10.13〕
受付から右へ進むと突き当たりの正
面に男女左右に分かれた暖簾掛けの
浴場入口があり、その前はソファや
マッサージチェアが置かれた休憩処
となっています。

小ぢんまりした脱衣所には、左に手
前から2段棚と籠2個、コインロッカ
ー8庫、各段1個ずつの籠を納めた4
段棚が備えられ、対する右側にはボ
ウル2基の洗面台が設置されていま
した。