住 所   岐阜県高山市丹生川町折敷地415
  電 話   0577-78-2877
 営業時間   13:00(土日祝 12:00)~21:00 (休=金)
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   荒城温泉
  泉 質   含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸
  水素塩泉
 湧出量   351  ℓ/min
 泉 温   25.5  ℃
 pH   6.4
 成分総計   4.744 g/㎏
    Li=1.8/Sr=2.3/Na=420.1/K=16.5/Ca=366.0/Mg=74.3/
  NH4=0.02/Fe2=19.1/Ba=0.9/Mn=0.7(901.7㎎/㎏)
  F=1.7/I=0.1/Br=0.4/Cl=180.2/SO4=1.6/HCO3=2354/
  NO3=痕跡/HS=痕跡/H2PO4=0.3(2538㎎/㎏)
  HAs02=0.71/H2Si03=129.7/HBO2=15.6(146.0㎎/㎏)
  CO2=1158/H2S=0.02(1158㎎/㎏)    〔2004.07.07〕
 入浴履歴   初訪09.07.19,最終10.06.05(2回目)
 評 価   ★★★★★★
 荒城温泉
恵 比 須 之 湯
                           あらきおんせん えびすのゆ
各湯船に供されている
のは、800m上流の地
下1147mから湧出して
いるという炭酸泉。

泉温が25.5℃と少し低
いため、主浴槽と岩風
呂では加温のうえ掛け
流され、透明度30㎝ほ
どの黄土色に濁った湯
面からは金気臭が香り
ます。
左右に分かれた浴場は男女交替制で、初めて訪れた時は右、
再訪時は左の浴場を利用しました。

トップページへ



岐阜県の温泉へ



中でも白眉なのは、2006年7月に新たに加わった源泉風呂へ加工なしに注がれている源泉で、酸化前の透明
~薄濁りの湯からは、油臭も加わった強い金気臭味とシュワシュワした炭酸味を感じることができました。
炭酸を含む泉質らしく、湯船の縁や周りの床には淡橙色の析出物が見事に付着し、事前の予想以上に存在感
のある個性的な良泉でした。

恵比須之湯管理組合が運営する共同浴場のような入浴施設ですので、夕刻時には地元の常連客でごった返し
ています。極上の源泉をじっくり堪能したい向きには、少し早い時間の訪問をお勧めします。
                                          〔11.03.14〕
源泉風呂
造りは全体に小ぢんま
りしていて、脱衣所も
9庫の脱衣箱が備えら
れているだけですが、
浴場は内湯だけでなく
屋根付きの半露天もあ
り、内湯には木造りの
主浴槽と6基のシャワ
ーカラン、半露天には
岩風呂とやはり木造の
小さな源泉風呂がそれ
ぞれ配されています。
『荒城温泉 恵比須之湯』は、高山市街から平湯温泉を抜けて松本市
へ向かう国道158号の町方交差点から県道高山上宝線(89号)で北東方
向へ約9.4㎞、恵比須トンネルで恵比須峠を越え、折敷地(おしきじ)
の集落を過ぎた荒城川の渓谷沿いに所在する、2005年2月に開設され
た日帰り入浴施設です。

駐車場とは道を隔てた県道右手に建つ施設は、トタン葺きの木造平屋
建て。床面積は約70㎡で、森林資源に恵まれた飛騨らしい総檜造りの
建物は、小さな山小屋のようです。
入口の正面に置かれた下足箱に靴を納めて中に入ると、右手の休憩所
の手前に小さな受付カウンターがあり、ここで入浴料を直接支払って
浴場へ向かいます。