住 所   静岡県熱海市上宿町6-2
  電 話   0577-81-5773
 営業時間   2009 閉鎖
 入浴料   400円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   熱海19号泉・野村湯
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   87.5  ℃
 pH   8.0
 成分総計   8.873 g/㎏
    Na=2035.0/K=273.0/Ca=1057.0/Mg=0.7/Al=0.1/
  Fe2=1.4(3367.2㎎/㎏)
  I=5.4/Br=0.7/Cl=4983.0/SO4=180.7/HCO3=53.7/
  HPO4=0.2(5223.7㎎/㎏)
  HAsO2=0.4/H2Si03=271.0/HBO2=8.3(279.7㎎/㎏)
  C02=2.2(2.2㎎/㎏)        
    
〔1997.01.17〕
 入浴履歴   初訪09.03.20
 評 価   ★★★★
 熱海温泉
上宿新宿共同浴場
           あたみおんせん かみしゅくしんじゅくきょうどうよくじょう
かつては上宿・新宿地区の組合
員専用であったこの浴場も、利
用者の減少により外来利用が許
されてきましたが、2009年4月
から再びジモ泉となり、年内に
閉鎖、更地となってしまったそ
うです。

床の中央にプラスチックの椅子
と桶がきちんと整頓して置かれ
ているなど、地元に大切に利用
されていることが窺われた良い
風情の共同湯であっただけに、
とても残念です。 〔10.12.29〕
2本の源泉からなる無色透明の湯からは、仄かな芒硝臭とともにやや強めの塩
苦味が感じられました。
脱衣所は共同浴場にしては比較的ゆったり
した広さで、右側には24庫の脱衣箱が備え
られています。

サッシ扉の先が、玉石タイル張りの浴室。
左右手前に4基ずつのカラン、右手前に洗
髪用のシャワーが並び、最奥には1.7×1.2
mほどのタイル張り湯船が左右に2槽置か
れ、左側は適温、右側が熱めの上り湯とな
っています。
なお、浴場名については複数の呼称が知られ、このサイトでは一般的に使われ
ている“上宿新宿共同浴場”を採用しましたが、浴場入口横の張り紙には「上
新宿共同湯」という名が記されていました。
熱海温泉は、静岡県の最東部、伊豆半島の東側の付け根に位置し、相模湾に臨む海岸沿いから丘陵傾斜地に
かけて120軒余りのホテル・旅館や3か所の共同浴場が点在する、わが国を代表する温泉地の一つです。

山東京山が1830(文政13)年に著した『熱海温泉図彙』に拠れば、第24代仁賢天皇4年の491年に蚊島穂台君の
屍を海に沈めたところ、海中から熱湯が噴き出して魚が焼け死んでしまったことから“あつみが崎”と呼ば
れるようになり、757(天平宝字元)年に箱根山に入山し、箱根三社権現を感得した万巻上人が、箱根へ向か
う途中、海中から湧き出す熱湯によって甚大な被害を被っていた漁民を助けようと、37日間の断食祈祷によ
って泉脈を海中から山腹へ移したと伝えられています。
『上宿新宿共同浴場』は、JR伊東線の来宮駅前から“熱海街道”と呼ばれる
県道熱海函南線(11号)で海側へ下る途中、熱海総合庁舎入口交差点を左折し、
130m先の道路を左に折れて再び丘陵を60mほど上ると、浄土宗誓欣院の山門
の下、糸川に架かる観音橋という朱塗りの小さな橋を渡った右手に所在する共
同浴場です。
しかしながら、外観は普通の平屋の民家風であるうえに何の表示もないために、
壁に掛かった“熱海立寄り温泉”の紺色の暖簾に目がいかなければ、おそらく
浴場とは気が付かないでしょう。

建物の平側に設けられた2か所のガラス戸のうち、暖簾のある奥側が浴場への
入口で、その先は左手に向かって廊下状に簀子が敷かれ、手前側のガラス戸が
男湯への入口となっています。
中に入るとすぐ左に番台。ただし、管理人は不在で、料金箱に入浴料を納める
ようになっていました。
温泉地として発展するのは、幕府の直轄領となった江戸時代。
特に徳川家康は、1604(慶長9)年3月に息子の義直・頼宣を伴って7日
間逗留するなどこの湯を愛し、同年9月には、京で療養中の吉川広家
に見舞いとして温泉を送っています。
汲み上げた温泉を湯樽に詰めて運ぶ“御汲湯(おくみゆ)”は、4代家
綱の1667(寛文7)年、駿府城代の松平重信が江戸城に差し出してから
行事となって歴代将軍に継承され、最も御汲湯が盛んとなった8代吉
宗の1728(享保13)年11月には、湯樽の運搬に船が利用されるように
なりました。

近世以降も伊藤博文や大隈重信といった政府要人や軍人・文人がた
びたび訪問し、尾崎紅葉が1897(明治30)年から6年にわたって執筆し
た『金色夜叉』の舞台となってからは、全国的に有名となりました。

トップページへ



静岡県の温泉へ