住 所   北海道空知郡上富良野町吹上温泉
  電 話   0167-45-4126
 営業時間   立寄り 10:00~22:00
 入浴料   600円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   保養センター泉源1 / 保養センター泉源2
  泉 質   酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   48.4 / 52.6  ℃
 pH   2.9 / 3.0
 成分総計   1.459 / 1.381  g/㎏
    H=1.3/Na=102.9/K=33.3/Ca=137.7/Mg=26.8/Al=17.4/
  NH4=0.4/Fe2=2.5/Fe3=2.2/Mn=6.2(330.7mg/kg)
  F=2.9/Cl=305.2/SO4=437.8/HSO4=18.6(764.5mg/kg)
  H2SiO3=267.2/HBO2=96.7(363.9mg/kg)  〔2009.03.21〕

  H=1.0/Na=90.7/K=30.0/Ca=130.7/Mg=31.7/NH4=7.6/
  Fe2=1.5/Fe3=2.0/Zn=0.3/Mn=4.0(299.5mg/kg)
  F=1.8/Cl=237.2/SO4=417.2/HSO4=14.1/H2PO4=0.6
  (670.9mg/kg)
  HAsO2=0.3/H2SiO3=279.4/HBO2=67.4(347.1mg/kg)
  CO2=61.9/H2S=0.7(62.6mg/kg)
      〔2009.07.17〕

 入浴履歴   初訪17.07.14
 評 価   ★★★★
 吹上温泉
吹上温泉保養センター 白銀荘
  ふきあげおんせん ふきあげおんせんほようせんたー はくぎんそう
各湯船に完全放流式
により供されている
のは、2本の自家源
泉を混合した酸性の
含食塩-石膏泉。

無色透明の湯は、ほ
ぼ無臭ながら弱酸味
が感じられ、肌がし
っとりしました。
開放的な露天
には、手前か
ら“ぽかぽか
の湯”“活力
の湯”と“く
つろぎの湯”
“のんびりの
湯”と名付け
られた4つの
岩風呂が縦に
並び、くつろ
ぎの湯の一部
には四阿が掛
けられていま
す。
左手前に10基のシャワーカランが
並び、出入口のすぐ右手に手前か
ら打たせ湯、2名分の気泡装置付
き寝湯、水風呂とその奥にサウナ、
サウナの左横に“ヒバの湯”と壁
沿いがジャグジーとなった岩風呂
がそれぞれ配されていました。

さらに、岩風呂の左横のガラス戸
を抜けて階段を下りると、広々し
た露天風呂が併設されています。
浴場はロビーの奥の階段を下りて温泉棟へ移り、左へ折れるとホールの
右側にあり、鶸萌黄色の暖簾が掛かった手前側が男湯、奥が女湯に分か
れています。
脱衣所は奥行きの長い平面長方形で、左壁の前には上3段と下2段で高さ
の異なる角籠を納めた脱衣箱が21列分ずらっと並び、対して右にボウル
3基のパウダーコーナー、さらに脱衣箱最奥右とパウダーコーナーの左
に6段3列の100円返却式貴重品ロッカーがそれぞれ備えられていました。

なお、右奥の片引きガラス戸から風除室を抜けて屋外へ出ると水着着用
の混浴露天風呂があり、“ふれあいの湯”と“あそびの湯”という2つ
の湯船が設けられています。
登山口広場の手前右手に建つロッ
ジのような堂々とした建物は切妻
造りの鉄筋2階建てで、渡り廊下
で繋がった宿泊・管理棟と温泉棟
の2棟が左右に並んでいます。
左妻側手前寄りのポーチからプッ
シュ式自動ドアの玄関を入ると、
タイルカーペットが市松模様に敷
かれたロビーの左側に売店を兼ね
た受付があり、手前に設置されて
いる券売機で入浴券を購入し、手
渡します。
『吹上温泉保養センター 白銀荘』
は、露天の湯の駐車場から道道を北
西におよそ260m向かって右へ折れ、
緩やかな坂を280mほど上った標高
1010mに所在する、老朽化のために
1996年に役目を終えた白銀荘に替わ
って1997年に新築された、(株)南富
良野町振興公社が指定管理者として
運営している自炊素泊まりができる
町営の温泉施設です。
吹上温泉は、JR富良野線の上富良野駅前から道道吹上上富良野線(291号)を東上し、3軒ある十勝岳温泉の
湯宿の一つ、「思惟林」の手前を左に折れ、道道十勝岳温泉美瑛線(966号)で北へ2㎞足らず、十勝岳中腹に
湯けむりを上げる大自然溢れる温泉地です。

トップページへ



北海道の温泉へ



内湯岩風呂が適温であった以外、全体的に湯温が高めでじっくりと入湯することができなかったのは残念で
したが、初めてヒバ造りの湯船に浸かり、これまで嗅いだことのない独特の芳香に包まれながら湯浴みを楽
しむことができ、良い思い出となりました。                       〔17.11.19〕
浴室は天井が
高く、正面全
体をガラス張
りにしたとて
もゆったりと
した造りで、
床を平石で仕
上げ、壁から
天井には板材
がふんだんに
使用されてい
ます。
1902(明治35)年、宮城県から渡ってきた旭川在住の丸谷常吉氏によ
って発見された温泉で、1906(明治39)年頃から中川三郎氏により温
泉宿の営業が始まり、1922(大正11)年に3年前から私財を投じて温
泉までの道路開削を手掛けていた上富良野の医師 飛沢清治氏へ経
営譲渡。
1932(昭和7)年に100名余りの株主による吹上温泉株式会社が設立さ
れ、その翌年2月にヒュッテ「白銀荘」が竣工しました。

現在は「吹上露天の湯」という露天風呂と宿泊も可能な入浴施設1
か所からなり、前者は1995年にフジテレビ系列で放映されたドラマ
『北の国から '95秘密』で田中邦衛と宮沢りえの入浴シーンが撮影
されたことでも知られています。