住 所   岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地697
  電 話   0578-89-2466
 営業時間   立寄り 要確認
 入浴料   300円
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   三井金属1号泉・観音泉・天裕温泉・湧水 混合泉
  泉 質   単純温泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   76.1  ℃
 pH   7.2
 成分総計   1.74 g/㎏
    Li=1.0/Sr=0.09/Na=135.5/K=18.1/Ca=11.6/Mg=3.4/
  Al=0.04/Fe2=0.1/Ba=痕跡/Mn=0.02(169.85㎎/㎏)
  F=2.0/I=痕跡/Br=0.1/Cl=61.1/SO4=32.7/HCO3=299.6/
  NO2=0.4/NO3=0.8/HS=0.1/HPO4=0.2(397.0㎎/㎏)
  HAsO2=0.12/H2Si03=136.4/HBO2=9.5(146.02㎎/㎏)
  C02=32.3/H2S=0.1(32.4㎎/㎏)  
    
〔2004.08.13〕
 入浴履歴   初訪12.05.19
 評 価   ★★★★
 福地温泉
民 宿 内 山
                       ふくじおんせん みんしゅく うちやま
両湯船に掛け流されているのは、日帰り入浴施設の石動の湯と同じく3
本の源泉に湧水を加えた共同源泉。
内湯では適温、露天では熱めとなっていた無色透明の清澄な湯は、ほぼ
無味無臭ながらつるり感があり、柔らかな肌当たりに心身ともにとても
癒されました。


気軽に立ち寄れる入浴施設が少ない福地温泉にあって、福地の湯を安価
に楽しむことができる貴重な湯宿であり、気さくな女将さんともども好
感しました。            〔13.12.01,16.02.21 記事補訂〕
小屋の右側に
取り付けられ
た折れ戸の前
には、大小の
岩で周りを画
した岩風呂が
設えられ、奥
の岩の間に挿
し込まれたパ
イプから源泉
がトボトボと
加えられてい
ました。
一方、貸切露天には、手前に木造の
脱衣小屋が付設されており、小屋の
中には、左手に設けられた棚の上に
大小のプラスチック籠各2個と山積
みされたフェイスタオルが載ってい
ます。
浴室は壁・床とも角タイル張りで、右壁の中央には2基のシ
ャワーカランが並び、左側には1.35×1.2mほどの小さなタ
イル張り湯船が奥に寄せて配されています。
館内は清掃がよく行き届き、ピカピカに光る板張りの廊下を奥へ進むと、正面
のトイレの右横に男女別の内風呂があり、さらに突き当たりの扉を出た先には、
24時間入浴が可能な貸切露天風呂が設けられています。
『民宿 内山』は、国道471号の福地
温泉南入口から約1.8㎞、温泉街を
貫く目抜き通りの中ほど左手に所在
する、福地では最も小さい客室数全
4室の民宿です。

通りの脇に立つ全宿お揃いの看板の
下に“外来入浴有り”という案内板
が下がっていたことから、訪れるこ
とにしました。
移築再生した古民家など民芸調の落ち着いた宿が多く、囲炉裏が似合
うしっとりとした佇まいの温泉地として、高い人気を誇っています。
2012年11月30日までは、これらの宿に宿泊すると別の湯宿の露天風呂
が1か所無料で楽しめる“もらい湯”という制度が採られていました
が、替わって2013年2月からは、宿泊先で6枚綴りの“ぬくとまり入湯
手形”を購入(600円)すると、宿泊施設に「昔ばなしの里 石動の湯」
を加えた12か所の露天風呂で湯めぐりを楽しむことができます。
また、“舎湯(やどりゆ)”という築300年の古民家を移築した寄合処
では、宿泊客だけが利用できる足湯が設置されています。

なお、1968年11月には、新平湯・栃尾・新穂高の各温泉とともに、奥
飛騨温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されています。
福地温泉は、平湯川左岸を緩やかに下る坂道沿い、標高950mの静かな山里に民宿を合わせて11軒の温泉宿
が点在する、2009年に40周年を迎えた温泉地です。

平安時代中期の第62代 村上天皇(926~967)が行幸で訪れた際に入湯したという伝説から“天皇泉”とも称
される温泉で、平家の落武者が隠れ住んだ里とも伝えられています。

トップページへ



岐阜県の温泉へ



正面左端の壁に湯口があ
り、そこに逆さまに取り
付けられたペットボトル
の口に挿し込まれた蛇腹
ホースを介して、浴槽内
で源泉が注入されていま
した。
縦長の暖簾が掛かった左右に並ぶ扉のうち、
右側が男性内湯の入口。

小ぢんまりした板張りの脱衣所には、洗面
化粧台と2段1組の小さなプラスチック籠が
2組備えられていました。
白壁の建物は、木造切妻造りの2
階建て。

平側の中央やや右寄りにある玄関
を入り、応対に出て来られた女将
さんに立寄り入浴をお願いしたと
ころ、快く迎い入れてくださいま
した。