住 所   岡山県苫田郡鏡野町奥津川西20-1
  電 話   0868-52-0602
 営業時間   立寄り 10:00~15:00 (1時間貸切・要予約)
 入浴料   1000円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   
  泉 質   単純温泉(アルカリ性)
 湧出量        ℓ/min
 泉 温   38.4/40.2/42.4 ℃
 pH   
 成分総計         g/㎏
 





 入浴履歴   初訪07.09.10
 評 価   ★★★★★★
 般若寺温泉
般 若 寺 温 泉
                                 はんにゃじおんせん
一方、湯小屋の右手の川沿いには、小振りな露天風呂が設けられ
ており、両岸の木々により緑色に彩られた渓谷を眺め、川面を伝
う涼風を肌で感じながら、入浴することができます。

源泉は3本。露天には、そのうちの泉温の高い2本をポンプアップ
して利用しているそうです。
無色透明の清澄な湯からは、ほんのりと成分臭が香り、柔らかく
つるりとした浴感が強く印象に残りました。
中でも内湯の湯は、鮮度の良さを反映してつるつる度がより強く、
ぬる湯であることも手伝って、1時間では全然物足りないと感じ
るほど、大変気持ち良く湯浴みを楽しむことができました。

帰り際にご主人から伺った話では、11月の初旬には渓谷全体が色
鮮やかな紅葉に彩られるとのこと。
ぜひともその季節に再訪してみたいと思います。  〔10.07.14〕
内湯の湯船は
やはり岩肌を
利用して造ら
れた一辺1.5
mほどの岩風
呂で、2か所
の塩ビ管を通
して岩肌から
自噴する源泉
が静かに掛け
流されていま
した。
坂を下っていくと視界に入ってく
るのは、茅葺き寄棟造りの堂々た
る母屋。その前では見知らぬ人間
が近づく気配を察して、3匹の犬
が猛烈に吠えまくっています。
その声を聞きつけて母屋から出て
こられたご主人に事前に入浴を予
約した者であることを告げると、
奥津八景の一つ、“鮎返しの滝”
などについて説明されながら、母
屋の先を下った先にある浴場まで
案内してくださいました。
1871(明治4)年に天台宗の宿坊として創業し、1957年から温泉宿として
開業しました。
現在は、事前予約による1時間貸切制で立寄り入浴も受け付けています。

国道179号で奥津へ向かう途中、道の駅「奥津温泉」より1㎞余り手前の
県道下和奥津川西線(445号)との交差点で、県道とは逆に右に折れて斜
め手前へ下り、吉井川に沿って500mほど南へ向かうと、右手に案内板
が現れます。
そこには、「これより先は私有地です。ご用のない方の進入はご遠慮下
さい。」とあり、利用者はその先にある駐車場に車を停め、案内板の左
脇から竹林の中の細い坂道を徒歩で下るようになっていました。
『般若寺温泉』は、奥津温泉の南西、吉井川を1.6㎞ほど下った奥津渓にひっそりと佇む一軒宿です。

トップページへ



岡山県の温泉へ



湯小屋は渓谷を臨む岩肌をそのまま
壁として利用したコンクリート造り
で、木の扉の先には狭いながらも意
外と小綺麗な脱衣所が設けられてい
ました。

浴室は脱衣所より4段分ほど下がっ
た位置にあり、木枠の窓に嵌った磨
りガラスを通して降り注ぐ柔らかな
陽光が、何とも言えない良い雰囲気
を醸し出しています。