住 所   群馬県吾妻郡嬬恋村三原145-2
  電 話   0279-97-3586
 営業時間   2015.03.31 閉館
 入浴料   300円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   笹の湯
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩・炭酸
  水素塩泉
 湧出量   286  ℓ/min
 泉 温   41.4  ℃
 pH   7.3
 成分総計   1.43  g/㎏
    Sr=0.24/Na=236/K=36.5/Ca=78.2/Mg=45.4/Al=<0.05/
  Fe2=0.69/Mn=0.35(397㎎/㎏)
  F=1.01/Cl=239/SO4=286/HCO3=344/CO3=0.28
  (870㎎/㎏)
  H2Si03=137/HBO2=4.74(142㎎/㎏)
  CO2=25.3(25.3㎎/㎏)           〔1996.08.16〕
 入浴履歴   初訪09.09.21
 評 価   ★★★★
 平治温泉
逢 友 荘
                          へいじおんせん ほうゆうそう
浴場は大理石のような白色の石板を張った内湯のみで、左側
にカラン一対とシャワーカラン1基、右に2.4×1.35mほどの
長方形の湯船がそれぞれ配され、湯船から溢れ出した湯に常
時浸されている奥側の床は、温泉成分によって赤茶色と化し
ていました。

向かって左奥に設けられた短いホースをくわえたライオンの
湯口からは、対岸の泉源から数百m引かれた源泉が勢いよく
掛け流されています。
湯口からは弱めながら金気臭味が感じられるものの、引湯の
影響でしょうか、湯船内ではごくわずか。
泡付きが報告されているサイトも散見されますが、訪れた時
は湯のコンディションがそこまで良好ではなかったのか、つ
るつるした肌触りはあるものの、残念ながら気泡の付着は認
められませんでした。
アルミサッシのガラス戸が開けっ放
しとなった手前の玄関を入ると、右
奥に向かって廊下が延び、右手前に
は小さな帳場が設けられています。

浴場は廊下の最も奥右手に位置し、
入口には暖簾が掛けられています。
脱衣所は小振りで、右側にアイボリ
ー色の脱衣箱が9庫備えられていま
した。
平治温泉は、この宿の初代館主が親戚筋に当たる故 黒岩平治さんの
所有地において1971年に掘削された温泉で、嬬恋村の村長まで務めた
地元の名士 黒岩さんの名前から温泉名が付けられました。

JR吾妻線万座鹿沢口駅の横にあるセブンイレブンの駐車場からは、
屋根に載せた文字看板がはっきり見えるものの、宿までの道程はとて
も判り辛く、国道144号の三原大橋で吾妻川を渡河して120m先を鋭角
に左折、その先の幅狭の道を右・左折しながら南へ向かうと300mほ
どで辿り着きます。
群馬県すっぽん加工販売(協)を併設し、温泉の温水で養殖したスッポ
ン料理を売りにした宿で、横長の切妻造り平屋建ての赤い屋根の上に
掲げられた文字看板には、宿名とともに“すっぽん料理”と記されて
いました。
『逢友荘』は、平治温泉の共同浴場と対峙するように吾妻川の左岸に所在する、この温泉の唯一の宿である
客室数全4室の温泉民宿です。

トップページへ



群馬県の温泉へ



共同浴場の湯と比べるとこのように見劣りしてしまいますが、加温なしに利用されているぬる湯はとても気
持ちが良く、北毛湯めぐりの〆の温泉としてゆったりと楽しむことができました。      〔11.05.28〕