住 所   長野県下高井郡山ノ内町佐野2592-1
  電 話   0269-33-2713
 営業時間   立寄り 10:00~16:00
 入浴料   500円 (うち入湯税30円)
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   風間館温泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   78.5  ℃
 pH   8.3
 成分総計   1.6148 g/㎏
    Li=1.4/Sr=0.3/Na=423.4/K=32.9/Ca=62.9/Mg=0.6/
  Fe2=0.2(521.7㎎/㎏)
  F=1.9/Br=2.9/Cl=607.2/SO4=203.1/HCO3=72.0/
  CO3=9.6(896.7㎎/㎏)
  HAsO2=1.6/H2SiO3=98.6/HBO2=85.2(185.4㎎/㎏)
  CO2=11.0(11.0㎎/㎏)
          
〔2008.11.26〕
 入浴履歴   初訪14.11.23
 評 価   ★★★★
 穂波温泉
御 宿 風 間 館
                         ほなみおんせん おやど かざまかん
ガラス戸の先
の浴室は石板
張りで、どち
らかと言えば
小ぢんまりと
した造りです
が、前面のガ
ラス窓から柔
らかな陽が降
り注ぎ、気持
ち良く湯浴み
を楽しむこと
ができます。
扁額が掲げられた縦格子戸の玄関
を入り、すぐ右手のフロントで立
寄り入浴をお願いすると、快く応
じて下さいました。

浴場はフローリングのホールから
奥へ延びる廊下の右側にあり、手
前が男、その奥が女湯で、突き当
たりには家族風呂も設けられてい
ます。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。

トップページへ



長野県の温泉へ



右壁に4基のシャワーカランが並び、対する左に御影石の石板で縁取った3.15×2.0m強のタイル張り湯船が
配され、左辺の中央からやや奥寄りに設えられた湯口から自家源泉の純食塩泉がたっぷりと掛け流されてい
ます。
泉温が80℃近い高温のため、加水によって適温に調整された無色透明の湯からは、ほぼ無味無臭ながらわず
かに土類っぽい甘い香りが感知され、湯の中では塵のような淡黄褐色の湯の華が少量認められました。


肌当たりが柔らかくしっとりする湯はよく温まり、湯上がり後は脱衣所で汗が噴き出して止まりませんでし
た。                                         〔16.02.11〕
淡萌葱色の暖簾の掛かった木戸を入
ると、籐タイル張りの脱衣所には、
左手前に小振りな24庫の脱衣箱が設
えられ、左壁には洗面化粧台が設置
されていました。
『御宿 風間館』は、温泉街の中心
に鎮座する共同浴場の元湯が面して
いる交差点から南西へ20m余り向か
うと左手に所在する、ご家族で経営
されているという小さな温泉旅館で
す。

砥粉色の2階建てと練色の3階建て建
物が前後に建ち並び、客室は全10室
を数えます。
そのうちの一つ、穂波温泉は、星川温泉と対峙するように夜間瀬川の
左岸に所在する静かで落ち着いた温泉地です。

開湯は1924(大正13)年。
夜間瀬川の川原で積雪がなく朝夕水蒸気を上げている箇所を手掘りで
掘削したところ温泉が湧出し、川の堤防整備が行われた1931年頃から
温泉地が形成され始めました。
現在は、8軒の湯宿と3か所の共同浴場が集落の中に点在しています。
なお、共同浴場の利用は地元住民か宿泊客に限られており、浴場に入
るには入口の鍵を開錠するためのICカードが必要となります。