住 所   長野県下高井郡山ノ内町佐野
  電 話   
 営業時間   地元住民・宿泊客のみ入浴可
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   元湯
  泉 質   含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   97.8  ℃
 pH   7.8
 成分総計   2.067 g/㎏
    Na=512.2/K=50.2/Ca=75.6/Mg=0.53(638.5㎎/㎏)
  F=1.80/Cl=789.0/SO4=194.0/HCO3=73.8/HS=3.66
  (1062㎎/㎏)
  HAs02=0.52/H2Si03=249.6/HBO2=111.8(361.9㎎/㎏)
  CO2=0.66/H2S=3.8(4.5㎎/㎏)       〔1986.12.24〕
 入浴履歴   初訪09.10.10
 評 価   ★★★★
 穂波温泉
西  湯
                               ほなみおんせん にしゆ
天井の高い浴室は、亀甲形をした薄緑色のタイル張り。
中央やや左寄りには、四辺の縁に肌色の丸モザイクタイルを張った2.65
×1.45mほどのコンクリート湯船が配され、向かい側中央に設けられた
礫を樋状に固めた湯口から、高温の源泉が勢いよく注がれています。
湯船にたっぷり満たされ
た湯は、今回入湯した穂
波温泉の3か所の共同浴
場の中では最も熱く、念
入りに湯揉みと掛け湯を
行った末、ようやく浸か
ることができました。

淡褐色半透明の湯の華が
多量に舞う無色透明の湯
からは、わずかに芒硝臭
と甘味が感じられました
が、泉源から距離がある
ためか、他の浴場のよう
な硫黄臭は一切感知でき
ませんでした。
『西湯』は、県道宮村湯田中停車場線(342号)の湯田中駅入口交差点から栄橋で夜間瀬川を渡り、大湯や元湯
が面する通りより1本堤防寄りの道を北西へ向かうこと約350m、文字通り温泉街の西端に所在する共同浴場
です。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。


そのうちの一つ、穂波温泉は、星川温泉と対峙するように夜間瀬川の左岸に所在する静かで落ち着いた温泉
地です。
開湯は1924(大正13)年。夜間瀬川の川原で積雪がなく朝夕水蒸気を上げている箇所を手掘りで掘削したとこ
ろ温泉が湧出し、川の堤防整備が行われた1931年頃から温泉地が形成され始めました。
現在は、8軒の湯宿と3か所の共同浴場が集落の中に点在しています。

なお、共同浴場の利用は地元住民か宿泊客に限られており、浴場に入るには入口の鍵を開錠するためのIC
カードが必要となります。

トップページへ



長野県の温泉へ



浴場内は所々傷みが見られるものの、きちんと清掃が行き届いていて好感が持てるものであり、他に入浴客
がいない中、静かに共同湯の雰囲気を楽しむことができました。              〔11.06.02〕
堤防を背後にして建つ浴舎は、鉄筋コンク
リート造りの平屋建てで、切妻屋根の上に
は四角い湯気抜きが載っています。
内側に凹んだ妻側中央の両端には男女別の
木製扉があり、ここでもその内側に設置さ
れた読取り機にICカードをかざし、扉を
開錠するようになっていました。

なお、この浴場の清掃は奇数日の8時から
行われており、清掃日の利用は正午からと
なっています。
小ぢんまりした造りが多い湯田中渋温泉郷の他の共同浴場と比べると、大湯と同
様にこの浴場も広々としており、脱衣所には正面と右側に計14庫の脱衣箱が設え
られ、休憩用の腰掛けも備えられていました。