住 所   和歌山県和歌山市本町6-50
  電 話   073-422-5992
 営業時間   2014.06.09 閉鎖
 入浴料   公衆浴場入浴料金
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり)
   
 源 泉 名   和歌山夢想乃湯
  泉 質   含二酸化炭素・鉄-ナトリウム・マグネシウム-
  塩化物強塩泉
 湧出量   81  ℓ/min
 泉 温   35.6 ℃
 pH   6.4
 成分総計   27.148 g/㎏
    Na=6030/K=106.1/Ca=1030/Mg=1389/Al=0.3/
  Fe2=22.7/ Mn=0.4(8578.5㎎/㎏)
  F=0.9/Cl=13930/SO4=0.6/HCO3=2040/CO3=0.4/
  S2O3=0.1(15972㎎/㎏)
  H2SiO3=142.3/HBO2=978.6(1120.9㎎/㎏)
  CO2=1477(1477㎎/㎏)         
〔2005.12.09〕
 入浴履歴   初訪05.05.05,最終13.12.21(4回目)
 評 価   ★★★★★★
本町温泉 夢想乃湯
                    ほんまちおんせん むそうのゆ
平日でも営業開始時刻前から常連客が列をなす人気の施設ですので、毎日利用する身になって考えれば、加
温措置も止むを得ないのかもしれません。
むしろ、毎分81ℓという少ない湧出量にもかかわらず、個性豊かな源泉を掛け流しで提供し続けている姿勢
に高い評価を与えたいと思います。                          〔09.04.26〕

トップページへ



和歌山県の温泉へ



温泉浴槽は、5×2mほどの変形六角形を呈する檜製。
同じ和歌山市内にある花山温泉や奈良・入之波温泉の山鳩湯
には及びませんが、湯船の縁には析出物が付着し、湯の表面
は油膜状の白い湯の華で覆われていました。
以前は源泉をそのまま利用していましたが、近年、泉温が5
℃近く低下したため、2006年6月からは、利用者の要望によ
って熱交換器を導入して加温しています。

それでも透明度10㎝ほどの茶褐色の濁り湯からは、以前と同
じように粘土のような独特の土類臭が香り、横に付設された
飲泉施設で口に含んでみると、炭酸味とともに、花山ほど強
烈ではないものの強い塩苦味が感じられました。
また、直接加温でないためか湯温はぬるめで、時折ヒヤッと
した冷涼感も感じることができました。
『本町温泉 夢想乃湯』は、和歌山城公園の東端から北へまっすぐ延び
る本町通りを1㎞ほど北上すると、通りの右側に所在する温泉銭湯です。
銭湯としては大きめの白色外壁の2階建て建物で、“天然湯元”“本町
温泉”と書かれた赤いネオンが目を引きます。

浴場は内湯と半露天の2つのエリアに分かれ、手前の内湯には小円形の
水風呂と寝湯・電気風呂・座湯・ジェット風呂などを伴った半円形の白
湯浴槽、波板張りの開閉式ドームとなった半露天には温泉浴槽と水風呂
がそれぞれ設けられています。