住 所   長野県下高井郡山ノ内町佐野
  電 話   
 営業時間   基本的には地元住民・宿泊客のみ入浴可
     (下記方法での入浴は8:30~16:00)
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   薬師の湯・みろくの湯 混合泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   73.2 ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
    Na=391.5/K=43.95/Ca=76.16/Mg=2.227/Fe2=0.080
  (㎎/㎏)
  F=2.165/Cl=576.1/SO4=235.7/HCO3=61.62/
  HSiO3=0.539/BO2=0.471/HPO4=0.223/
  H2PO4=0.221(㎎/㎏)          〔1972.03.10〕
 入浴履歴   初訪08.04.19
 評 価   ★★★★★★
 角間温泉
新 田 の 湯
                           かくまおんせん しんでんのゆ
元々は青いペンキが塗られていたようですが、大半は剥がれ
落ち、地のコンクリートが剥き出しになっています。
左奥の樋状の湯口から掛け流されている湯は、大湯・滝の湯
と同じで独特の甘い湯の香や浴感にも違いはないものの、ペ
ンキの青色が映えるほどの清澄な透明感が強く印象に残りま
した。

湯船に浸かってしばらくして地元の方が掃除に来られたため、
早々に入浴を切り上げざるを得ませんでしたが、先に入湯し
た2か所の共同湯にも劣らない十分な満足感を覚えることが
できました。                 〔10.08.13〕
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。


角間温泉は、国道292号(志賀草津道路)の佐野角間I.Cから県道角間中野線(356号)で角間川左岸の高台を上
っていくこと約2㎞、眼の前に忽然と姿を現わす山間の静かな温泉地です。

室町時代の文明年間(1469~1487)に蓮如上人によって発見されたと伝えられ、案内した小林甚佐衛門が浴場
を設置。
江戸時代には松代藩の宿所であったという歴史を有し、近代に入ると日本画家の横山大観や作家の吉川英治
・林芙美子・武田泰淳らが滞在していたとのことです。
現在、宿泊施設5軒と共同浴場3か所のほか、「Four Seasons Spa 宝泉」という2007年2月に開業し、2012年
7月から宿泊も可能となった入浴施設が存在しています。

トップページへ



長野県の温泉へ



洗濯場
入口の扉は左右両端に分かれ、左側が男湯の
入口となっています。
浴場は脱衣所と浴室が並列し、間に仕切りの
ない一体型の造りで、土間から奥に向かって
板の間が延び、一番奥の左手には16庫の脱衣
箱が造り付けられていました。

脱衣所から一段下りると、即、白いタイル張
りの浴室。
左手に水カランがあるだけのとても簡素な造
りで、磨りガラスの仕切り壁に寄せて、長方
形のコンクリート湯船が配されていました。
『新田の湯』は、3か所ある共同湯の中では最も手前、大湯から120mほ
ど坂を下ると左手に所在する浴場です。

周囲に建ち並ぶ近代的な住宅とは対照的に、木造切妻造り平屋建ての浴
舎は、上に越屋根の湯気抜きが載っていなければ、古い倉庫か何かと間
違えてしまいそうな素朴な造りです。
また、浴舎に向かって右手の妻側には、洗濯場が付設しています。
なお、入浴は基本的に地元住民と宿泊客に限られますが、大湯の左手前
にある黒鳥商店という酒屋さんで入浴を願い出ると、駐車代300円なら
びに車の鍵と引き換えに、すべての浴場に入ることができる小刀形の木
製鍵を貸してくれます。