住 所   長野県下高井郡山ノ内町佐野
  電 話   
 営業時間   基本的には地元住民・宿泊客のみ入浴可
     (下記方法での入浴は8:30~16:00)
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   薬師の湯・みろくの湯 混合泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   73.2 ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
    Na=391.5/K=43.95/Ca=76.16/Mg=2.227/Fe2=0.080
  (㎎/㎏)
  F=2.165/Cl=576.1/SO4=235.7/HCO3=61.62/
  HSiO3=0.539/BO2=0.471/HPO4=0.223/
  H2PO4=0.221(㎎/㎏)
                            〔1972.03.10〕
 入浴履歴   初訪08.04.19
 評 価   ★★★★★★
 角間温泉
滝 の 湯
                             かくまおんせん たきのゆ
板の間から一段下りると、即、淡いピンク色をしたタイル張
りの浴室。
共同浴場には珍しい岩積みの奥壁と仕切り壁に寄せて、水色
タイル張りの方形湯船が配されていました。
右奥隅のパイプ湯口から掛け流されている源泉は大湯と同じ
で、独特の甘い香りや浴感にもほとんど違いはありません。
ただし、湯の華の量はかなり多く、湯船の底は沈殿した湯の
華によってかなりの範囲が黒っぽくなっていました。

浴舎・浴室ともに大湯より使い込まれた鄙びた感じが好まし
く、静寂な中、終始貸切状態でその風情を味わうことができ
ました。
なお、他のサイトなどでは、湯口とは別に岩の上方から落下
する打たせ湯が紹介されていますが、訪問した時は湯が出て
いませんでした。             〔10.08.12〕
『滝の湯』は、大湯から緩やかな坂を50mほど
下ると左手に所在する共同浴場です。

大湯のような重厚感は感じられないものの、寄
棟造りの屋根の上に寄棟の湯気抜きを載せた趣
のある木造の浴舎で、平側中央の庇の下に浴場
入口の扉が左右に並んでおり、左側が男湯の入
口となっていました。
なお、入浴は基本的に地元住民と宿泊客に限ら
れますが、大湯の左手前にある黒鳥商店という
酒屋さんで入浴を願い出ると、駐車代300円な
らびに車の鍵と引き換えに、すべての浴場に入
ることができる小刀形の木製鍵を貸してくれま
す。
三方に磨りガラス窓が巡らされていることから
室内は採光良好で、小さな土間から脱衣所と休
憩所を兼ねた板の間が鉤形に続き、傍らには8
庫の脱衣箱が備えられています。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。


角間温泉は、国道292号(志賀草津道路)の佐野角間I.Cから県道角間中野線(356号)で角間川左岸の高台を上
っていくこと約2㎞、眼の前に忽然と姿を現わす山間の静かな温泉地です。

室町時代の文明年間(1469~1487)に蓮如上人によって発見されたと伝えられ、案内した小林甚佐衛門が浴場
を設置。
江戸時代には松代藩の宿所であったという歴史を有し、近代に入ると日本画家の横山大観や作家の吉川英治
・林芙美子・武田泰淳らが滞在していたとのことです。
現在、宿泊施設5軒と共同浴場3か所のほか、「Four Seasons Spa 宝泉」という2007年2月に開業し、2012年
7月から宿泊も可能となった入浴施設が存在しています。

トップページへ



長野県の温泉へ