住 所   大分県別府市井田1組
  電 話   
 営業時間   6:30~21:00
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   別府市温泉供給事業鉄輪線渋の湯上
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   83.4  ℃
 pH   4.1
 成分総計   4.535 g/㎏
    Li=8.5/Na=1291.2/K=178.4/Ca=25.9/Mg=2.7/Al=0.1/
  Fe2=0.3/Mn=0.8(1507.8㎎/㎏)
  Cl=1894.3/SO4=343.5/HCO3=6.1(2243.9㎎/㎏)
  HAs02=2.7/H2Si03=689.6/HBO2=71.5(763.8㎎/㎏)
  CO2=19.8(19.8㎎/㎏)           〔2009.03.27〕

 入浴履歴   初訪08.08.23,最終10.10.10(2回目)
 評 価   ★★★★
 鉄輪温泉
熱 の 湯 温 泉
                             かんなわおんせん ねつのゆ
1階中央の開口を数段下りると、左右向かい合うように浴場
の入口があり、右側が男湯となっています。
浴場は手前に脱衣所、奥に浴室が続く一体型の造りで、脱衣
所から小2段分下がった位置にある年季の入ったタイル張り
の浴室には、奥壁に一短辺を寄せて隅丸長方形のタイル張り
湯船が配されています。
左奥に付設された源泉枡から掛け流されているのは、泉温が
70℃近い食塩泉。ほぼ無色透明の湯からは、仄かな成分臭と
薄塩味が感じられ、鉄輪の湯らしく肌が少ししっとりしまし
た。

先客によって加水されていたのか、浸かった当初は適温でし
たが、同浴した常連客が「熱くないと温泉らしくない」と源
泉の注入量を増やした途端、湯温はたちまち急上昇。
湯船から出たり浸かったりを繰り返しながら、地元の方々の
賑やかな入浴風景を楽しませていただきました。
『熱の湯温泉』は、一遍上人が創設したと伝えられる市営の共同浴場
で、いでゆ坂を200mほど下って左に折れ、熱の湯通りという近年整
備が進められた石畳の緩い坂道を北へ向かうと、崖を背にしたアイボ
リー色の2階建て建物が見えてきます。
1877(明治10)年頃に刊行された『豊後国速見郡村誌』に、渋の湯とと
もに「浮湯」の名で記され、そのほか怒湯・金の湯・上熱の湯とも呼
ばれていたとのことですが、身体の熱を除くのに効果があることから、
明治時代の後半には現在の名に改められました。

現在のモルタル造りの浴舎は1977年に建てられたもので、2階には井
田・上公民館が併設されています。
無料で利用でき、建物前には10台分の駐車場が確保されているため、
平・休日問わず、どの時間帯も多くの入浴客で賑わっています。
別府温泉郷は、伽藍岳(硫黄山・1045.3m)と鶴見岳(1374.5m)という2つの活火山の東麓に湧く、わが国を
代表する温泉地です。

温泉郷内には、“別府八湯”と総称される別府・亀川・柴石・鉄輪・明礬・堀田・観海寺・浜脇という個性
豊かな8か所の温泉地が点在し、掲示用新泉質名として大別される10の泉質のうち、7種類の湯を楽しむこと
ができます。
泉源の数は別府市内で2288孔、湧出量は毎分87550ℓ(『平成30年度 東部保健所報』より)を数え、“泉都”
の名に相応しい日本一の豊富な湯量を誇っています。

トップページへ



大分県の温泉へ



利用者が多いため、湯が劣化しがちなのが玉に瑕ですが、外来客でも気軽に鉄輪温泉を楽しめる、別府でも
希少となった無料温泉です。                              〔11.06.26〕
古くから多数の噴気や熱湯・熱泥が噴出する温熱地帯として知られ、
奈良時代に編まれた『豊後風土記』にも、「玖倍理湯の井」の名で記
載されています。
1276(建治2)年、念仏行脚のために伊予国からこの地を訪れた一遍上
人が、地獄噴気に困っていた住民を助けるために鶴見権現で21日間の
断食祈願を行い、大小の石に経文を一字ずつ書いて地獄に投げ込んで
これを鎮静。その後、蒸し湯・渋の湯・熱の湯といった浴場を創設し
たそうです。

現在では、観光名所となった地獄めぐりの拠点として多くの観光客で
賑わうとともに、湯治場の風情を色濃く留める街として知られ、地獄
釜を利用して自炊ができる“貸間”と呼ばれる素泊まりの宿を含め、
45軒ほどの旅館・ホテルが建ち並んでいます。
鉄輪温泉は、2001年にNHKが放映した「21世紀に残したい日本の風景百選」で、第2位の“別府の湯煙”
として紹介された別府八湯を象徴する温泉地です。