住 所   和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦752
  電 話   0735-52-0080
 営業時間   立寄り 15:00~23:00 (休=火,連休・夏休み・
                年末年始は営業)
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   勝浦温泉一の滝 / 勝浦温泉一の滝2号
  泉 質   単純温泉
 湧出量   145 / 166 ℓ/min
 泉 温   38.8 / 36.5 ℃
 pH   8.1 / 8.4
 成分総計   0.680 / 0.536 g/㎏
    H=<0.1/Na=208.0/K=3.8/Ca=21.9/Mg=6.9/Al=0.6/
  Fe2=0.3/Mn=<0.1(241.5㎎/㎏)
  F=4.4/Cl=363.0/SO4=19.7/HCO3=18.9/CO3=3.0/
  OH=<0.1/HS=0.5/S2O3=0.4/BO2=<0.1/
  HSiO3=0.1(410.9㎎/㎏)
  H2Si03=26.8/HBO2=0.3(27.1㎎/㎏)
  C02=0.3/H2S=<0.1(0.3㎎/㎏)    
〔2002.09.18〕

  H=<0.1/Na=160/K=1.1/Ca=20.5/Mg=0.2/Al=0.2/
  Fe2=<0.1/Mn=<0.1(182.0㎎/㎏)
  F=4.7/Cl=268.0/SO4=15.2/HCO3=22.6/CO3=6.0/
  OH=<0.1/HS=1.0/S2O3=<0.1/BO2=<0.1/
  HSiO3=2.5(320.0㎎/㎏)
  H2Si03=33.4/HBO2=0.3(33.7㎎/㎏)
  C02=0.2/H2S=<0.1(0.2㎎/㎏)

 入浴履歴   初訪07.12.02,最終10.11.21(2回目)
 評 価   ★★★★
 勝浦温泉
海のホテル 一の滝
                   かつうらおんせん うみのほてる いちのたき
美しい景色とともにこの宿の自慢
となっているのが、源泉100%への
拘り。午後3時からは入浴のみの利
用もでき、館内に入るとすぐ左手
にあるフロントで気軽に応じてい
ただけます。
男女別の大浴場は、フロントから
左へ進むと突き当たりにあり、少
し殺風景な感のある脱衣所には、
右側にプラスチック籠を納めた脱
衣箱24庫と100円返却式鍵付きロッ
カー4庫が備えられています。
勝浦温泉は、紀伊半島の南東部、リアス式海岸に奇岩・岩礁が点在
する景勝“紀の松島”一帯に大小の宿泊施設が集まる、南紀では白
浜温泉と並ぶ規模の大きな温泉地です。
生マグロの水揚げ日本一を誇るわが国有数のマグロ漁の基地として
も知られ、2004年7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に
登録されてからは、熊野三山や那智の滝への観光拠点としてこれま
で以上に多くの観光客で賑わうようになりました。

江戸時代より知られてきた勝浦温泉が温泉地として開けたのは、海
岸の各所でボーリングが開鑿された大正時代以降。
今では宿泊施設のほとんどが自家源泉を有し、源泉数は175本を数
えます。
なお、千葉県の勝浦温泉と区別するために、最近では頭に“南紀”
を冠することが多くなっています。

湯面から立ち上がる湯気によってガラス窓が曇り、自慢の眺望は十分に楽しめなかったものの、芳ばしい香
りに包まれながらの湯浴みはとても気持ちが良く、1時間以上にわたって柔らかい極上のぬる湯に身を委ねて
いました。

湯川温泉のきよもん湯も経営されているというオーナー拘りの源泉掛け流し湯。公衆浴場代わりとなってい
るのでしょうか、日が暮れるころには地元客も三々五々訪れていました。          〔10.11.22〕
体温よりわずかに温かい程
度の源泉からは、石鹸臭と
ともに茹で玉子のような硫
黄臭が香り、つるりとした
触感は弱いものの、極微細
な泡付きが認められます。

一方、加温した湯では湯の
香は痕跡的となっており、
温泉はいかに余分な手を加
えない方が良いかを改めて
思い知らされました。
浴場は那智湾に向かって半円形に突き出しており、ガラス張りと
なった浴室からは、客室と同様に那智の青い海から遠く妙法山を
眺めることができます。

ガラス窓の下には、幅1.5~1.7mほどの扇紙形を呈したタイル張
り湯船が配され、2槽に仕切られたうちの手前の小さな湯船には
源泉、奥にある倍近い大きさの湯船には加温泉がそれぞれ掛け流
されています。
また、浴室に入って右手前にシャワーカラン4基、加温浴槽前に
源泉カラン2基が設置されていますが、面白いことに湯船の縁沿
いにも椅子・桶とソープ類が置かれており、共同浴場のように直
接湯船から湯をすくって身体が洗えるようになっていました。
『海のホテル 一の滝』は、勝浦北口とも呼ばれる国道42号の勝浦臨海交差点から県道那智山勝浦線(46号)を
経由して約1.7㎞、那智湾を望むように道路の左側に所在する、全21室オーシャン・ビューを売りにした1957
年創業の鉄筋3階建てのホテルです。

トップページへ



和歌山県の温泉へ