住 所   和歌山県田辺市本宮町川湯
  電 話   0735-42-0007 (冨士屋)
 営業時間  6:30~22:00 (11~2月)
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名  
  泉 質   単純温泉
 湧出量      ℓ/min
 泉 温   73 ℃
 pH  
 成分総計      g/㎏
 





 入浴履歴   初訪05.02.26,最終09.02.08(4回目)
 評 価   ★★★★
 川湯温泉
仙 人 風 呂
                      かわゆおんせん せんにんぶろ
川湯温泉は、熊野川の支流である大
塔川の川原に湧く湯として古くより
知られてきた温泉です。

国道168号から国道311号(熊野街道)
で白浜方面へ向かう途中、川湯温泉
入口交差点を左へ折れて県道静川請
川線(241号)に入り、温泉隧道を抜
けると、大塔川の左岸に沿う県道に
面して11軒の旅館・民宿・ペンショ
ンと公衆浴場が建ち並ぶ温泉街に行
き着きます。
江戸時代の初期には始まっていたとされるのが、この温泉の冬の風物詩である『仙人風呂』。
毎年11~2月限定で大塔川の一部を堰き止めて人工の露天風呂が造られ、上記の時間帯に無料で開放されて
います。


男女混浴ではありますが、水着の着用は可。すぐ脇には簡易な脱衣所も設置されていることから、女性でも
十分楽しむことができます。
また、通常、周囲には公共の駐車場は存在しませんが、期間中は下流側の河原に臨時の無料駐車場が設けら
れています。

トップページへ



和歌山県の温泉へ



コンクリートの縁と対岸の崖によって画された湯船は、およ
そ50×15mと広々しており、底に腰を下ろすと肩の辺りまで
浸かることができ、ちょうど良い具合です。
水面のあちらこちらからプクプクと立ち上がる気泡や時折お
尻に感じる熱さが、川底から温泉が湧出していることを実感
させてくれます。
湯温調節のために引き込まれている川水によって薄くなって
いるとはいえ、透明な湯からは硫黄臭もはっきりと感知する
ことができました。

訪れた時の湯のコンディションや入浴客の数・客層などで、
評価は大きく左右されると思われますが、条件さえ良けれ
ば、自然に囲まれた開放感たっぷりの湯を静かに堪能するこ
とができる素晴らしい一湯です。      〔09.04.02〕