住 所   島根県大田市三瓶町小屋原1014-1
  電 話   0854-83-2101
 営業時間   立寄り 9:00~19:00 (1時間貸切)
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   小屋原温泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量   46.7 ℓ/min
 泉 温   37.6 ℃
 pH   6.0
 成分総計   7.35  g/㎏
    Li=2.8/Sr=4.4/Na=1560/K=158/Ca=298/Mg=86.5/
  Al=0.2/Fe2・3=5.8/Mn=1.1(2116.8㎎/㎏)
  F=0.5/I=0.9/Br=7.4/Cl=2870/SO4=283/HCO3=1060
  (4221.8㎎/㎏)
  HAsO2=3.5/H2SiO3=196/HBO2=55.6(255.1㎎/㎏)
  CO2=759.0/H2S=0.2(759.2㎎/㎏)   〔2009.02.19〕
 入浴履歴   初訪07.03.16
 評 価   ★★★★★
 小屋原温泉
熊 谷 旅 館
                   こやはらおんせん くまがいりょかん
茶褐色の湯の華が多く舞うぬる湯からは、弱めながら金気臭が香り、炭
酸味と少塩甘味も感じられました。
訪問した日は寒が戻り、源泉そのままへの入浴には正直肌寒さを覚悟し
ていましたが、湯に浸かってしばらくすると身体中に気泡が付着し、下
半身からじんわりと温まってきました。

湯音以外には一切音がしない静寂の中、心身ともにリラックスして正真
正銘の掛け流し温泉を堪能することができ、大変感激しました。
各湯船の泡付きは一様ではなく、季節や気温、時間帯でも異なるとのこ
と。
やはりここは一度宿泊して、すべての湯船の湯に浸かってみたいと思い
ます。           〔10.02.28,18.06.12 画像一部差替え〕
左壁の中央やや
奥寄りに1.15×
0.95mほどの湯
船を配しただけ
の簡素な造り。

湯船には貝汁の
ようにうっすら
青白く濁った湯
が満々と湛えら
れ、周りに巡ら
された排水溝に
絶えず溢れ出し
ていました。
帳場から右へ進み、突き当たりを左に折れると、まるで木造校舎だっ
たころの学校のように板張りの廊下が奥へ延び、その右側に4室の浴
場が並んでいます。
立寄り入浴の場合はこのうちの1室を選択し(訪問時、一番奥の木造湯
船の浴場は利用不可)、1時間貸切で利用するようになっています。

湯船の位置や大きさに違いはあるものの、いずれの浴場も脱衣所と浴
室の続きとなっており、浴室は3段ほど低くなっています。
いずれもコンクリート造りの湯船で、湯船の縁や底、周りの床には黄
橙色~淡褐色の析出物が付着していました。
小屋原温泉は、三瓶山の北西麓、野城川の山峡に湧く温泉で、古文書に
拠れば、寛政年間(1789~1801)に発見され、石見大森の代官も度々利用
していたと伝えられています。

トップページへ



島根県の温泉へ



湯船3
湯船1
源泉は1番目
と2番目の浴
場の間から湧
出していると
いうことで、
今回は湯船が
最も小さい手
前から2番目
の浴場を利用
させていただ
きました。
その小屋原温泉の一軒宿が、県道三瓶山公園線(30号)から県道池田久手
停車場線(286号)を北上して約2.8㎞、集落から離れて道の左手にポツン
と所在する『熊谷旅館』です。
客室5部屋の小ぢんまりとした宿ですが、宿泊の受付は一晩に3組まで。
実は今回宿泊を希望していましたが、すでに予約で埋まっていたことか
ら、立寄り入浴をお願いすることにしました。