住 所   群馬県吾妻郡草津町草津365
  電 話   0279-88-2323
 営業時間   立寄り 11:00~15:00
 入浴料   700円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   湯畑
  泉 質   酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   51.3  ℃
 pH   2.1
 成分総計   1.69  g/㎏
    H=8.91/Na=56.0/K=27.5/Ca=73.5/Mg=36.3/Al=43.8/
  Fe2=17.5/Mn=1.88(265㎎/㎏)
  F=9.9/Br=1.3/Cl=311/SO4=640/HSO4=192
  (1154㎎/㎏)
  H2Si03=216/HBO2=8.2/H2SO4=4.3(229㎎/㎏)
  CO2=36.7/H2S=7.1(43.8㎎/㎏)
     
〔2013.05.15〕

 入浴履歴   初訪12.05.26
 評 価   ★★★★
 草津温泉
松 村 屋 旅 館
                       くさつおんせん まつむらやりょかん
沼田藩真田家の改易後に江戸幕府の天領となった近世には、1717
(享保2)年に8代将軍吉宗が温泉を汲み上げて江戸城に運ばせたり、
小林一茶・十返舎一九・佐久間象山といった文人も訪れています。
また、この時代を通じて60軒に及ぶ湯屋が設けられ、訪問客は1年
に1万人を超えて、“草津千軒江戸構え”と言われるほどの賑わい
ぶりであったそうです。

草津温泉の源泉といえば、岡本太郎のデザインによって温泉街の中
心でロータリー状に整備された湯畑源泉が有名ですが、このほかに
白旗・地蔵・煮川・西の河原・万代鉱といった公的管理されている
源泉や宿泊施設等が所有している小源泉も多数あります。
1975年から硫黄鉱山の坑道で新たに噴出した万代鉱源泉の利用を開
始したのを機に、町による集中管理給湯システムが整備され、一気
に温泉規模が拡大しました。
鎌倉時代初期の1193(建久4)年、源頼朝が浅間山三原野で巻狩りを行っ
た際に発見し、案内を務めた木曾義仲の旧臣細野御殿之助に湯本姓を与
え、地頭として温泉経営を任せたと伝えられていますが、確実な史料と
しては、東国への布教活動を行っていた蓮如が、1472(文明4)年に長野
市にある西厳寺の住職の案内で訪れたというのが初出のようです。

また、1489(延徳元)年には、京都相国寺の禅僧で歌人でもあった万里集
九が、詩文集『梅花無人蔵』の中で有馬温泉・下呂温泉とともにその名
泉ぶりを讃えており、少なくとも室町時代の中頃には温泉地として整備
されていたことが窺われます。
なお、万里による記述は、そのまま江戸時代前期に林羅山が唱えた“日
本三名泉”に引き継がれています。
“草津よいと~こ、一度~は~おいで~(ハドッコイショ)”という湯もみ唄でよく知られる草津温泉は、群
馬県の北西部、草津白根山東麓の標高1170mの高所に、約130軒の宿泊施設、誰でも無料で利用可能な19か所
の共同浴場、飲食店・土産物屋などが集まる、わが国を代表する温泉地の一つです。

毎分36839ℓ、ドラム缶にして1日に25万本という自然湧出量では日本一の豊富な湯量を誇り、加えてpH2.0前
後という日本有数の酸性度から、温泉街に建ち並ぶ旅館や共同浴場のすべてが完全放流式を採っています。
白い糸屑のような湯の華が少量舞うわずかに白く濁った少し
熱めの透明湯からは、仄かな焦げ硫黄臭とレモン酸味が感じ
られ、湯に浸かると肌がぬるぬるしました。
なお、この湯船ではパス
カル方式が採られており、
底中央の穴から右手前の
パイプ穴を通じて排湯さ
れていました。

立寄り入浴客に対しても
応接はとても丁寧で、一
度宿泊してみたいと好感
した趣のある湯宿でした。
      〔13.04.15〕
もう一方の浴室は石板張りとなっているようですが、こちらは壁・床と
も檜の板張りで、右奥の壁にはタイルによって大きなモザイク画が描か
れ、とても風情があります。
浴場はロビーから左へ進むと右側に
あり、手前側の小さい浴場を貸切で
利用させていただきました。

浴場は脱衣所と浴室がガラス戸で仕
切られた分離型の造りで、手前側の
板張りの脱衣所には、左壁に設えら
れた4段の木造りの棚にそれぞれ籠
が2個ずつ備えられています。

戦国時代には傷病治癒の評価が上がり、丹羽長秀や豊臣秀吉の異父妹で徳川家康の正室になった朝日姫、大
谷吉継・前田利家といった武将らが湯治に訪れているほか、秀吉からは家康に入湯を勧める書状が送られて
います。

トップページへ



群馬県の温泉へ



手前両側にはシャワーカ
ランと温冷カランがそれ
ぞれ1基ずつ、大きなガ
ラスが嵌った奥には檜の
角材で縁取った2.7×1.4
mほどの石板張り湯船が
配され、右奥に設置され
た長方形の箱に付された
木樋状の湯口から湯畑源
泉が静かに掛け流されて
いました。
袖看板と同じく“湯宿 松村屋五
郎平”と染め抜かれた暖簾の掛か
った格子戸を入ると、正面にはピ
カピカに磨き抜かれた板張りのロ
ビーがあり、左手には帳場が設け
られています。

左横に吊り下げられた銅鑼を打ち
鳴らすと女将さんが出てこられ、
立寄り入浴をお願いすると、快く
応じて下さいました。
『松村屋旅館』は、湯畑から滝下通りを60mほど下ると、共同浴場の千代の湯
と向かい合うように通りの右手に所在する、客室数全10室の小ぢんまりした純
和風の老舗旅館です。
明治時代初期に建てられ、1991年に改築さ
れたという白壁と黒褐色の木材のコントラ
ストが美しい木造3階建ての建物は、西上
州の養蚕農家に特有の建築様式であったと
いうせがい出し梁造りを復元したもので、
通りに面した1階のガラス窓を目隠しした
千本格子が、江戸時代の旅籠を思い起こさ
せてくれます。