住 所   群馬県吾妻町中之条町入山3257
  電 話   0279-95-3768 (野反ライン山口)
 営業時間   9:00~17:00 (休=水)
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   花敷温泉 川端の湯
  泉 質   カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   48.5  ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
    
  
  
  
  
  

 入浴履歴   初訪14.08.31
 評 価   ★★★★
お借りした鍵で解錠して扉を入る
と、右側手前に12庫の脱衣箱にプ
ラスチック籠を備えた簡易な脱衣
所、女湯との仕切り壁のある左側
に簀子敷きの洗い場があり、正面
には周りを大きな岩で縁取り、波
板葺きの屋根を掛けたゆったりし
たコンクリート造りの湯船が配さ
れていました。
 京塚温泉
しゃくなげの湯
                          きょうづかおんせん しゃくなげのゆ
湯船を満たしたほぼ透明のややぬ
るめの湯では判然としませんが、
湯口では油臭と金気臭が香り、肌
が少しつるきししました。

太い丸太で支えられた大きな屋根
によって開放感は減じられている
ものの、すぐ横を流下する白砂川
の瀬音をBGMにのんびりと湯浴
みを楽しむことができました。
          〔15.09.13〕
『しゃくなげの湯』は、国道145号の新須川橋交差点から国道292・405
号で約14.2㎞北上し、喜久豆腐店とガソリンスタンドの間を左に折れて
390mほど坂を下り、京塚橋で白砂川の右岸へ渡って左へ分かれる未舗
装の道を100m下っていくと川の畔に所在する京塚温泉の日帰り入浴施
設です。

元は現在手前で廃屋となっている地域住民専用の浴場でしたが、老朽化
のために新たに造られ、2007年5月から一般にも開放されるようになっ
た“しゃくなげ露天風呂”とも称される露天風呂で、右側にはジモ泉の
内湯も併設されています。

トップページへ



群馬県の温泉へ



洗い場の横に
積み上げられ
た岩の上に突
き出たパイプ
湯口からドボ
ドボと落とさ
れているのは、
花敷温泉から
引湯されてい
るという含食
塩-石膏泉。
右半は竹管、左半は縦板を立て並べ
て目隠しの壁とした浴場には、左右
に分かれてガラス扉の入口があり、
右が男、左が女湯に分かれています。

男湯の入口の前にユーモラスなたら
こ唇の人面ポストが設えられており、
入湯券を投入して浴場へ向かいます。
入浴に際しては、喜久豆腐店のほ
か、道の駅六合から80m余り上る
と右手に所在する食堂「野反ライ
ン 山口」、京塚橋の手前を右へ
入ったところにある「宿 くじら
屋」で入浴料を支払って入湯券と
ともに鍵を借りる必要があり、訪
問時は喜久豆腐店の鍵が既に貸し
出されていたことから、くじら屋
でお願いしました。