住 所   熊本県阿蘇郡南小国町満願寺志津
  電 話   
 営業時間   6:00~22:00
 入浴料   200円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   
  泉 質   単純温泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
 





 入浴履歴   初訪12.04.29
 評 価   ★★★★
 満願寺温泉
上 の 湯
                             まんがんじおんせん かみのゆ
かつてのままという浴室はコンクリートの打ちっ放しで、右手前に寄せ
て3.2×2.1mほどのコンクリート湯船が配されていました。

手前に架け渡された丸木を枕に寝湯を楽しむことができる浅めの湯船に
は、底に埋め込まれた一部剥き出しの塩ビ管から無色透明のぬるめの湯
が静かに掛け流され、ほぼ無味無臭で川湯や満願寺温泉館ほどのインパ
クトはないものの、柔らかな肌当たりに好感しました。
以前よりブロック3段分ほど高くな
った浴舎には、入口のすぐ右側に12
庫、正面を4段下りた右奥に3庫の脱
衣箱がそれぞれ設えられ、旧浴場が
そこから一段低い位置に浴室が続く
一体型の造りであったのに対し、建
替え後は板壁と曇りガラスの二ツ折
扉で仕切られるようになりました。

なお、階段手前の左壁に湯銭箱が設
置されており、外来客は入浴前に入
浴料を納めるようになっています。
『上の湯』は、満願寺温泉街の中では最も上手、志津川の右岸に建つ「バックパッカーズ山肴」というペン
ションのすぐ右隣に所在する、河川敷と呼んでもおかしくない川っ縁に立地する混浴の共同浴場です。
山肴の公式サイトでは、とても鄙
びた切妻造りの木造浴舎の写真が
掲載されていますが、2006年に建
替えられたという新浴舎は、大き
な片流れ屋根を載せた木造の平屋
建てで、上流側に架かるアーチ橋
を渡って左手へ下りていくと、妻
側の左端にサッシ扉の入口が設け
られています。
激渋と評されていた風情のある旧浴場に入湯できなかったのはとても残念ですが、GWの昼下がり、地元自
治会によって大切に守り続けられている共同湯を一人静かに利用させていただき、満足感いっぱいでこの地
を後にしました。                                   〔13.02.26〕
満願寺温泉は、南小国町役場から県道南小国波野線(40号)で南東方向へ
約3.6㎞、杖立川の支流である志津川(満願寺川)の河畔に3軒の宿泊施設
と志津地区自治会が管理運営する3か所の共同浴場が集まる谷間の静か
な温泉地で、1964年9月には、黒川温泉・田の原温泉とともに「南小国
温泉」として国民保養温泉地に指定されています。

温泉街の手前には、1274(文久11)年、鎌倉幕府の5代執権 北条時頼の弟
で鎮西奉行を務めた北条時定が、文永の役に際して国土安泰のために建
立した真言宗の古刹 満願寺が右岸側に所在しており、参拝客のために
開かれた宿が嚆矢となって温泉地として発展していったとのことです。

トップページへ



熊本県の温泉へ