住 所   熊本県阿蘇郡南小国町満願寺志津
  電 話   
 営業時間   6:00~22:00
 入浴料   200円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   
  泉 質   単純温泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
 





 入浴履歴   初訪12.04.29
 評 価   ★★★★★★
 満願寺温泉
川  湯
                             まんがんじおんせん かわゆ
片流れの屋根に覆われているものの、目隠しなどは一切なく、対岸の
県道から丸見えのとても開放的な造り。
開放感溢れる露天風呂と言えば、岐阜県下呂温泉の噴泉池や岡山県奥
津温泉の奥津河原露天風呂、鳥取県三朝温泉の河原風呂などを思い起
こしますが、これほど近接しているのは初めてで、“日本一恥ずかし
い露天風呂”という異名もまんざら誇張ではありません。

しかも、川と平行して並ぶ3つのコンクリート造りの湯溜まりのうち、
最も上流側が地元の方の食器洗い場であることは前もって承知してお
り、実際に訪れた時もお婆さんが鍋を洗われていましたが、浴用であ
るはずの一番下手でも若い奥さんが洗濯をされていて、さすがにその
間での入浴は憚られました。
2か所の共同浴場も清掃中ということで、仕方なく辺りをぶらぶら。
そのうち女性が洗濯を終えて引き揚げたため、上手に架けられた石橋を
渡って浴場へ向かいます。

ちょうど鍋を洗い終えたお婆さんに入浴してよいかどうかをお聞きした
ところ、「入浴料をきちんと納めてくれればどうぞ」というお返事をい
ただきました。
そこで、屋根の柱に備えられた料金箱にお婆さんから教えていただいた
200円を投入し、屋根の下に設えられた簡素な棚を利用して脱衣を行い、
マイ洗面器を手に石段を下りていきます。
『川湯』は、満願寺から志津川の右岸沿いに70mほど上流へ向かうと、静泉荘という温泉旅館の前の川の中
に設けられている共同の混浴露天風呂です。
満願寺温泉は、南小国町役場から県道南小国波野線(40号)で南東方向へ
約3.6㎞、杖立川の支流である志津川(満願寺川)の河畔に3軒の宿泊施設
と志津地区自治会が管理運営する3か所の共同浴場が集まる谷間の静か
な温泉地で、1964年9月には、黒川温泉・田の原温泉とともに「南小国
温泉」として国民保養温泉地に指定されています。

温泉街の手前には、1274(文久11)年、鎌倉幕府の5代執権 北条時頼の弟
で鎮西奉行を務めた北条時定が、文永の役に際して国土安泰のために建
立した真言宗の古刹 満願寺が右岸側に所在しており、参拝客のために
開かれた宿が嚆矢となって温泉地として発展していったとのことです。

トップページへ



熊本県の温泉へ



入湯させていただいたのは、真ん中にある2.95×1.5mほど
の一番大きな湯船。
槽内の湯面は川面と同じ高さにあり、藻によって底がぬるぬ
るしているため、転ばないように注意が必要です。
底から自然湧出している無色透明の清澄な湯はぬるめで、無
味ながらわずかに成分臭が感じられました。


温泉そのものには際立った個性は認められないものの、地元
の日常生活に完全に溶け込んだまさに生活温泉であり、その
シチュエーション・風情ともども強烈な印象が残りました。
                      〔13.02.21〕