住 所   徳島県三好市池田町松尾黒川2-1
  電 話   0883-75-2322
 営業時間   10:00~20:00 (休=水,祝は営業 / 年末年始)
 入浴料   510円
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり)
   
 源 泉 名   松尾川温泉
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   25.0  ℃
 pH   10.2
 成分総計   0.29 g/㎏
    Na=72.3/K=0.7/Ca=1.4/Ba=0.1(74.5㎎/㎏)
  F=3.3/Br=2.7/Cl=3.7/SO4=9.0/CO3=70.9/NO3=1.4/
  HS=7.4/S2O3=0.1(98.5㎎/㎏)
  H2SiO3=70.9/HBO2=44.8(115.7㎎/㎏)
  H2S=2.1(2.1㎎/㎏)
              〔2008.02.06〕
 入浴履歴   初訪11.06.04
 評 価   ★★★★
 松尾川温泉
松 尾 川 温 泉
                                   まつおがわおんせん
右側には間を御影石で仕切った4基のシャワーカランが鉤形
に並び、ガラス窓のある左側には、角材で縁取り、薄水色の
石板を張った2.75×1.2m強ほどの湯船が配されています。
男湯は左側。
脱衣所は少し手狭な感じがするもの
の、左側にはドライヤーを備えた洗
面台2基、正面のガラス窓の下には
木製の鍵付きロッカーが10庫分設え
られていました。

右手のサッシ戸を介して続く浴室も
コンパクトな大きさで、壁の上半を
板張り、以下を暗色系のタイル張り
で仕上げた清潔感溢れる造りとなっ
ています。

右奥に設けられた木箱の
ような湯口からたっぷり
と湯船に掛け流されてい
るのは、旧三好郡池田町
が約1億1500万円の事業
費を掛けて2002年12月に
掘削に成功した、松尾川
河畔の地下約1500mで湧
出しているという独自源
泉。

トップページへ



徳島県の温泉へ



少し熱めに加温された無色透明の湯からは、土類っぽい湯の
香がほんのり感じられますが、加温の影響で飛んでしまった
のでしょうか、成分表の数値ほど硫黄分は実感できず、ごく
わずかに玉子臭が感知できたのみでした。
それでも、炭酸イオンを70㎎以上含有しているうえにpH値が
10を超す強アルカリ性となっており、つるつるというよりも
ぬるぬるに近い肌触りを楽しむことができました。


加温の具合から湯温が高めとなっていたため、素姓の良い源
泉をじっくり時間を掛けて堪能することができなかったもの
の、薬剤も使用していない完全放流式の湯使いが少ない四国
にあっては、十分満足できる良質な浴場でした。
                      〔12.08.13〕
かつてはホテルとして営業され、
2009年11月1日より湯治目的の宿
泊施設として再開された「三好市
緑の村管理センター しらさぎ荘」
の古ぼけた鉄筋建物の奥に隠れる
ようにして建つ浴舎は、屋根の上
に湯気抜きを備えた横に長い木造
の平屋建てで、中央の受付小窓で
入浴料を支払い、左右に分かれた
男女別の浴場へ向かいます。
『松尾川温泉』は、徳島自動車道の
井川池田I.Cから香川と高知を結ぶ
国道32号で11.4㎞ほど南下し、下川
交差点を左に折れて祖谷口橋で吉野
川を渡り、祖谷渓へ向かう県道山城
東祖谷山線(32号)と大利辻線(140号)
を経由して約7.4㎞、松尾川が流下
する静かな山間に一般財団法人 日
本宝くじ協会の助成を受けて2008年
6月1日に開設された公営の日帰り入
浴施設です。