住 所   大分県別府市南立石2区6組
  電 話   
 営業時間   6:00~10:00 / 12:00~23:00
 入浴料   100円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   別府市温泉供給事業石垣線
  泉 質   単純温泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   78.0  ℃
 pH   6.4
 成分総計   0.845 g/㎏
    Li=0.4/Na=89.2/K=8.3/Ca=17.5/Mg=8.2/Al=0.3/
  Fe2=0.2(124.1㎎/㎏)
  Cl=60.7/SO4=105.2/HCO3=103.7(269.6㎎/㎏)
  H2SiO3=119.3/HBO2=2.2(121.5㎎/㎏)
  CO2=329.3(329.3㎎/㎏)
     
     
〔2009.03.27〕
 入浴履歴   初訪12.10.07
 評 価   ★★★★
 
向 原 温 泉
                                   むかいばるおんせん
擁壁際のネットフェンスに沿って
浴舎の左手を奥へ進むと、浴場入
口のガラス戸があり、男湯は右、
女湯は左側を開けて入場します。

浴場は脱衣所と浴室の間に仕切り
がなく、5段分の段差のある半地
下式一体型の造りで、簀子が敷か
れた横長の脱衣所には、右手前に
15庫の脱衣箱が置かれ、浴室との
間の転落防止の手すりに料金箱が
備え付けられていました。
温泉郷内には、“別府八湯”と総称される別府・亀川・柴石・鉄輪・
明礬・堀田・観海寺・浜脇という個性豊かな8か所の温泉地が点在し、
掲示用新泉質名として大別される10の泉質のうち、7種類の湯を楽しむ
ことができます。

泉源の数は別府市内で2292孔、湧出量は毎分87636ℓ(『平成29年度 東
部保健所報』より)を数え、“泉都”の名に相応しい日本一の豊富な湯
量を誇っています。
別府温泉郷は、伽藍岳(硫黄山・1045.3m)と鶴見岳(1374.5m)という2つの活火山の東麓に湧く、わが国を
代表する温泉地です。
この浴場で利用されてい
るのは、堀田泉源より引
湯されている石垣線と呼
ばれる共同源泉。

湯船に満たされたうっす
ら白く濁った適温湯の中
には、糸屑のような白い
湯の華が多く見られ、湯
口付近では焦げ硫黄臭が
香り、湯面からも独特な
匂いが漂っていました。
湯口は浴槽内の左奥隅にあり、浴室の左奥に設けられた源泉
枡の木栓を抜き差しすることで、源泉の注入量を調整するこ
とができます。
右奥の階段を
下りて向かっ
た浴室はタイ
ル張りで、右
壁には2基の
水カランが設
置され、中央
に2.45×1.45
mほどのタイ
ル張り湯船が
配されていま
す。

トップページへ



大分県の温泉へ



別府市街から西へ外れた高台の閑静な住宅街で巡り会えた、風情のある小さな半地下式浴場。

中断時間の前に訪れたために存分に満喫し得たとは言い難いものの、その場に身を置き、芳ばしい湯の香に
包まれながら堀田の湯に浸かることができ、満足度の高い湯浴みとなりました。       〔13.09.26〕
『向原温泉』は、県道別府庄内線で由布院方面へ向かう途中、ローソン
別府生目店の前で県道を外れて北へ入ると、30m余り先の四つ角の右手
前に所在する、1971年に創設された向原温泉組合が管理運営する市有区
営の共同浴場です。

平屋建ての浴舎は、東へ下る坂道の横に擁壁を築いて造成された平坦地
に立地し、訪れた際は無人でしたが、その手前には小さな管理人小屋が
併設され、さらに別府の共同浴場では珍しく、右横には2台分ほどの駐
車スペースも確保されていました。