住 所   鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4236
  電 話   0995-77-2205
 営業時間   立寄り 8:00~21:00
 入浴料   250円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   妙見田島温泉うたせ湯
  泉 質   (純重炭酸土類泉)
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   49.1  ℃
 pH   6.70
 成分総計        g/㎏
 





 入浴履歴   初訪13.07.11
 評 価   ★★★★★★
 妙見温泉
湯治の宿 田島本館
                みょうけんおんせん とうじのやど たじまほんかん
緑色掛かった
灰褐色半透明
の適温湯から
は、弱い油臭
と重曹臭、少
炭酸味が感じ
られ、湯船の
縁は析出物に
よって滑らか
にコーティン
グされていま
した。
小屋組みが剥き出しとなったモルタル打ちっ放しの浴室も広々しており、
共同湯然とした雰囲気は風情たっぷり。

左手前にシャワーカラン1基、右手前の仕切り壁際に小さな水風呂、そ
の奥に3.0×2.35mほどのモルタル造りの湯船がそれぞれ配され、奥か
ら延びるパイプから「神経痛の湯」と呼ばれる源泉がドバドバと掛け流
されています。
曇りガラス戸の先に続く幅狭の浴場には、アクリル波板の屋根が掛けら
れ、モルタル打ちっ放しの床は温泉成分によって赤茶色に変色していま
す。

手前には左側の女湯との間を画した板壁に沿って2槽に仕切られたモル
タル造りの湯船が配され、その奥が打たせ湯となっていました。
川に臨んで建つ1階部分がピロテ
ィとなった3階建て一部2階の新館
とその背後の旧館からなり、客室
数はトイレ付きの旅館7とトイレ
共同の新館9・旧館14の全30室。

さらに2011年10月には、新館の横
に囲炉裏を備えた木造の食事処が
増設されており、この食事処の右
手に設けられた受付所で入浴を申
し出るようになっていました。
妙見温泉は、鹿児島空港から国道504号と県道隼人加治木線(56号)・国道223号を経由して約10㎞、国見岳の
南麓に発し、鹿児島湾に向かって南流する天降(あもり)川の両岸に超高級旅館から素泊まりの湯治宿までバ
ラエティ豊かな11軒の宿泊施設が点在する、緑に囲まれた落ち着きのある山峡の温泉地です。
渋く味わいのある浴場の佇まい、江戸時代に発見されたという敷地内の3か所で湧出している自家源泉のい
ずれとも素晴らしく、夕闇が迫る中、地元住民が車で続々と駆け付ける人気ぶりも大いに納得の湯治宿でし
た。                                         〔14.06.03〕
一方、神の湯は、手前の右側が女
湯、奥が男湯となっています。

モルタルの床に簀子を敷いた脱衣
所は、ねむの湯と比べるとゆった
りした造りで、左右両側に2段の
棚が設えられ、それぞれプラスチ
ック籠が4個ずつ備えられていま
した。
「胃腸湯」と表示された手前側の
1.5m弱×1.2mほどの浴槽には、
重曹っぽい薬臭と弱油臭が香る少
し熱めの灰褐色半透明の湯、「き
ず湯」と記された1.5m弱×1.5m
ほどの奥の浴槽には、しっかりし
た金気臭と少炭酸味が感じられる
少しぬるめでわずかに濁りのある
透明湯が、それぞれたっぷりと満
たされていました。
この宿には2本の川が交わる箇所に2棟の木造浴舎が段違いに建てられて
おり、受付所から湯治棟である旧館の右側を抜けた正面の浴場が内湯の
“神の湯”、そこから右へ下りた渓流沿いの半露天風呂が“ねむの湯”
と呼ばれています。

混み合っている様子の神の湯を横目にねむの湯へ。
右側の男湯入口を入ると、小ぢんまりした脱衣所には、右手前にプラス
チック籠2個を載せた2段の棚が設えられ、その前には腰掛けが備えられ
ていました。
『湯治の宿 田島本館』は、天降川
の左岸、中津川との合流点のすぐ北
側の河畔に所在する、1880(明治13)
年に田島十郎次が湯治場として創業
した老舗の湯宿で、当温泉を代表す
る高級宿「忘れの里 雅叙園」の姉
妹館となっています

初めて鹿児島の地に足を踏み入れた
日の夕刻、南九州らしい遅い日没を
利用して温泉街の散策に出掛けたつ
いでに立ち寄りました。
769(神護景雲3)年、宇佐八幡宮信託事件に関わって当地へ配流された
和気清麻呂(733~799)が入浴したと伝えられ、1895(明治28)年に妙見
神社跡から湯が湧き出し、その名が付けられた温泉で、すべての宿が
自家源泉を所有し、いずれも完全放流式で利用されているとのことで
す。

天降川の清流に沿って点在する塩浸・ラムネ・日の出・新川渓谷・安
楽・日当山などの各温泉地とともに「新川渓谷温泉郷」と総称され、
1967年10月には、“隼人・新川渓谷温泉郷”として国民保養温泉地に
指定されています。

トップページへ



鹿児島県の温泉へ