住 所   長野県中野市田麦338
  電 話   0269-26-1010
 営業時間   立寄り 10:00~22:00
 入浴料   400円
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり)
   
 源 泉 名   長嶺温泉
  泉 質   単純温泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   37.4  ℃
 pH   7.9
 成分総計   0.6358 g/㎏
    Li=0.06/Sr=0.1/Na=152.2/K=10.3/Ca=21.9/Mg=9.3/
  Fe2=0.4/Zn=0.3/Ba=0.07/Mn=0.1(194.7㎎/㎏)
  F=0.1/I=0.9/Br=0.7/Cl=238.2/SO4=7.5/HCO3=113.5/
  HS=0.03/HPO4=1.6(362.5㎎/㎏)
  HAsO2=0.1/H2SiO3=70.2/HBO2=6.1(76.4㎎/㎏)
  CO2=2.1/H2S=痕跡(2.1㎎/㎏)
      
〔2006.10.24〕
 入浴履歴   初訪14.06.13
 評 価   ★★★★
 長嶺温泉
長 嶺 温 泉
                                      ながみねおんせん
カーペット敷きの廊下を進むと、右
壁に沿って先代のコレクションであ
るこけしと土人形を飾った陳列棚が
前後に並んでおり、その間が男性露
天の入口、突き当たりの食事処の手
前を右へ折れた正面奥が女性内湯と
露天、その左手前が男性内湯の入口
となっています。

トップページへ



長野県の温泉へ



弱アルカリ性の単純温泉という泉質の割にしっかりと個性が感じられ、平日の真昼にもかかわらず常連客で
賑わう人気振りも納得の良泉でした。                           〔15.05.09〕
右辺の中央に設えられた大きな蛙の石像が載った湯口からド
ボドボと掛け流されているのは、少し熱めに加温された自家
源泉。
貝汁のようにうっすらと
濁った透明湯からは、湯
口では金気臭と微弱な硫
黄臭、湯船ではゴムっぽ
い湯の香が感じられ、気
泡が視認できる湯に浸か
ると泡付きがあり、ぬる
ぬるする肌触りを楽しむ
ことができました。
脱衣所は比較的ゆったりした造りで、中央に置かれた大きな木製の腰
掛けを挟んで右に4基の洗面ボウル、左壁に40庫の脱衣箱が設置され
ていました。

浴室はタイル張りで、前面が大きなガラス張りとなっているため、採
光は良好です。
手前には左側に3基、右手前から右壁にかけて4基のシャワーカランが
並び、奥に5m弱×2.4mほどの木造りの湯船が配されていました。
人工芝のマットが敷かれた6段の
階段を上って扁額の掛かるガラス
戸の玄関を入り、正面右側に設置
されている券売機で入浴券を購入
し、右手前の受付に手渡します。

浴場は男女ともに内湯と露天風呂
が設けられていますが、日曜・祝
日以外、露天の利用は夕方5時か
らとなっており、残念なことに今
回は入湯を果たすことができませ
んでした。
『長嶺温泉』は、中野市の一本木で合流した国道403号が再び分岐する
七瀬交差点から国道292号で2.1㎞ほど北へ向かい、右側に設置されてい
る大きな赤い看板を目印に左へ折れ、200m余り西進すると左手に所在
する、北東に高社山、遠く北西方向に北信五岳の一つである斑尾山を望
む長閑な田園地帯に湧出する長嶺温泉の一軒宿です。

地元の中野市田麦出身で東京で手広く会社を経営していた現オーナーの
叔父である長張柳市氏が、「故郷のために何か役立ちたい」という願い
から1990年に自身所有の水田で温泉を掘り当て、1992年8月1日に創業。
建物は寄棟造りの2階建てで、客室は全6室を数えます。