住 所   三重県桑名市長島町十日外面349
  電 話   
 営業時間   17:00~20:00 (休=日・祝日,1/1~1/3)
 入浴料   110円
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   長島温泉R15・R16号 混合井
  泉 質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   60.5 ℃
 pH   
 成分総計   1.65 g/㎏
    Na=515.0/K=6.8/Ca=18.8/Mg=1.1/NH4=0.5
  (542.2㎎/㎏)
  F=1.1/Cl=500.1/SO4=7.4/HCO3=534.5/CO3=5.1
  (1048.2㎎/㎏)
  H2Si03=43.3/HBO2=5.4(48.7㎎/㎏)
  C02=7.0(7.0㎎/㎏)           〔1983.10.12〕
 入浴履歴   初訪07.09.23,最終08.09.06(2回目)
 評 価   ★★★★★★
 長島温泉
松ヶ島共同浴場
          ながしまおんせん まつがしまきょうどうよくじょう
浴室は洗面台が置かれた小部屋風の通路の先にあり、右手に
5対のカランが並び、中央奥寄りに隅丸長方形を呈した水色
タイル張りの湯船が置かれていました。
8人も浸かれば身動きできないほどの小振りな浴槽で、入浴
する際にはそれなりの心構えと気配りが必要です。

奥のカランからは大島と同じ源泉がザバザバと掛け流され、
湯船に身体を浸すや否や心地良さが沁みてきます。
加水によっていささか薄くはなっているものの、飴色を帯び
た透明の湯からは針葉樹のような芳ばしいモール臭が香り、
つるつるした肌触りも楽しむことができました。
『松ヶ島共同浴場』は、大島共同浴場とともにこの温泉地にある共同浴場で、国道1号の伊勢大橋東詰交差
点を南下し、200m先の交差点を左折して100mほど進むと右手に所在します。
桑名市と合併する前の長島町時代に設置された公営施設ですが、営業時間が17時から20時までと短く、しか
も日曜・祝日は休業という、遠来の入浴客にとっては大変ハードルの高い浴場です。
営業開始時間の少し前には大勢の地元客が集まり、開場とともに皆さん一目散に突進。19時ごろまでは、身
の置き処に窮してしまうほどの混雑振りです。

そのような光景と完全アウェー的な雰囲気に気圧されて入湯を躊躇っていると、外に出てきた湯守のおばさ
んが「どうぞ浸かっていって。ゆっくりとどうぞ。」と声を掛けて下さったため、大混雑の中に飛び込む意
を固めることができました。
経年劣化が進んだ鳥の子色の建物に入るとすぐ左に番台があり、おばさんに直接入浴料を手渡します。
中は意外と小綺麗で、地元に大切に利用され、清掃もきちんと行われていることが窺われます。
また、共同浴場には珍しく鍵付きの脱衣ロッカーも備えられていて、外来客でも安心して利用することがで
きます。
長島温泉は、2004年12月に桑名市となった旧桑名郡長島町の南端、木曾川と長良川で形成された輪中地帯の
最も下流に湧く温泉です。

温泉が発見されたのは、1963年に行われた天然ガスの探索中。
その後、長島観光開発㈱によってナガシマスパーランドを始めとする一大リゾート・ナガシマリゾートが形
成され、日帰り入浴施設や2か所の共同浴場にも供されています。

トップページへ



三重県の温泉へ



大島共同浴場がジモ泉となってしまった現在、長島温泉を唯一安価で楽しめる貴重な浴場であり、外来客も
感謝の気持ちを忘れずに、きちんとマナーを守って入浴していかなければならないと改めて感じました。

帰り際には、おばさんから再び「またいつでも来てね」という声。
身体だけでなく気持ちまで温かくしてもらった、愛すべき鄙びた浴場でした。        〔10.07.23〕