住 所   大分県別府市中須賀本町4組
  電 話   
 営業時間   
 入浴料   組合員専用
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   
  泉 質   
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
    
  
  
  
  
  
 入浴履歴   初訪16.04.02
 評 価   ★★★★
 
中須賀温泉第二浴場
                            なかすがおんせんだいによくじょう
別府温泉郷は、伽藍岳(硫黄山・1045.3m)と鶴見岳(1374.5m)という2つの活火山の東麓に湧く、わが国を
代表する温泉地です。

温泉郷内には、“別府八湯”と総称される別府・亀川・柴石・鉄輪・明礬・堀田・観海寺・浜脇という個性
豊かな8か所の温泉地が点在し、掲示用新泉質名として大別される10の泉質のうち、7種類の湯を楽しむこと
ができます。
泉源の数は別府市内で2292孔、湧出量は毎分87636ℓ(『平成29年度 東部保健所報』より)を数え、“泉都”
の名に相応しい日本一の豊富な湯量を誇っています。
浴室には右手前に源泉枡
が設置されており、湯船
へは右側面手前にある湯
口を介して源泉が加えら
れています。

適温となった無色透明の
湯からは、無臭ながら極
薄の塩味と苦味が感じら
れ、肌がしっとりしまし
た。
浴室はタイル張りで、左壁に地下水と水道カランが各1基、右壁と奥壁
右端に水道カランが1基ずつ設置され、中央に1.95m四方のタイル張り
湯船が配されていました。
向かって左手の平側にガラスサッシ
戸が前後に並び、奥が男湯の入口と
なっています。

浴場は脱衣所と浴室が壁と透明ガラ
ス戸によって仕切られた分離型で、
丸モザイクタイルを張った横長の脱
衣所には、左手前に16庫の脱衣箱が
置かれ、左奥にプラスチック製の腰
掛けが備えられていました。
「大紀式正一位稲荷大明神」とい
う扁額が掲げられた小さな赤い社
の右隣に建つ浴舎は、わずかに緩
やかな勾配を持つ陸屋根を載せた
平屋建てで、道路に面したブロッ
ク塀の背後には大きな貯湯タンク
が設置されています。
『中須賀温泉第二浴場』は、県道亀川別府線(645号)の大分交通または
亀の井バスの中須賀停留所で降車し、すぐ北側の信号交差点を右へ折れ、
東へ40m余り下ると左手に所在する市有区営の共同浴場です。

交差点から西へ20mほど上った中須賀元町の第一浴場とともに中須賀温
泉組合が管理運営している組合員専用の浴場で、区営・一般温泉の無料
開放日に訪問しました。

トップページへ



大分県の温泉へ



真四角な湯船に満たされた清澄な
湯は、肌当たり柔らかく、浸かり
心地良好。

2面のガラス窓から採光が確保さ
れた明るくゆったりした浴室で、
じっくりと満喫させていただきま
した。       〔16.12.20〕