住 所   栃木県那須郡那須町湯本22
  電 話   0287-76-3070
 営業時間   立寄り 10:30~21:00 (受付 20:00)
 入浴料   600円
温泉利用状況   完全放流式 (打湯 加水あり)
   
 源 泉 名   鹿の湯・行人の湯 混合泉
  泉 質   単純酸性硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   57.8  ℃
 pH   2.6
 成分総計   0.899 g/㎏
    H=2.5/Na=28.5/K=6.4/Ca=66.8/Mg=22.1/Al=7.6/
  Fe2=0.7/Mn=1.2(135.8㎎/㎏)
  F=0.9/Cl=76.0/SO4=370.1/HSO4=31.3(478.3㎎/㎏)
  H2SO4=0.2/H2SiO3=225.3/HBO2=3.3(228.8㎎/㎏)
  H2S=56.3(56.3㎎/㎏)   
         
〔2009.02.25〕
 入浴履歴   初訪12.09.14
 評 価   ★★★★
 那須湯本温泉
旅 館 山 快
                        なすゆもとおんせん りょかん さんかい
那須湯本温泉は、東北自動車道の那須I.Cから県道那須高原線(17号)で北北西へ11.5㎞余り、九尾の狐の逸
話が伝わる“殺生石”近くに源を発して流下する湯川と那須街道と呼ばれる県道沿いに30軒ほどの旅館・ホ
テル・民宿が点在する、那須連山の主峰 茶臼岳(1915m)の南東麓に湯けむりを上げる温泉地です。

舒明天皇2年の630年頃、那須野ヶ原 茗荷沢の住人 狩野三郎行廣が、山狩りで射損じた白鹿が谷間で温泉に
浴して矢傷を癒しているのを見て発見し、“鹿の湯”と名付けたと伝えられる古湯で、正倉院に残る738(天
平10)年の文書『駿河国正税帳』には、従四位下 小野朝臣牛養が「下野国那須湯」へ12名の従者を帯同して
病気療養に訪れたことが記録されています。
主浴槽に満たされた透明度10㎝ほどの青白磁のような美しい
白濁湯からは、焦げ硫黄臭が香り立ち、白い細粒の湯の華が
浮かぶ湯に浸かると肌がぬるっとしました。


“霊泉 若鹿の湯”と呼ばれている神々しい濁り湯とは対照
的に、浴室自体は壁の塗装が剥がれ落ち、それまでの小洒落
た感じから一転して凄まじい状況。
温泉成分の強さとその影響を実感させられるとともに、その
結果として醸し出された鄙びた雰囲気に好感した湯宿です。
                      〔13.06.27〕
玄関横に掛けられ
ていた涅色のタペ
ストリーに染め抜
かれていたように
各浴槽に供されて
いるのは、共同浴
場の鹿の湯以外で
は12軒の宿泊施設
で堪能できる鹿の
湯源泉と行人の湯
源泉の混合泉。
右壁にはシャワーカラン
が各段に1基ずつ設けら
れ、対する左側にはガラ
ス戸の左手前に2名分の
寝湯、その前にかぶり湯
と打湯があり、一番奥に
は3.1m強×2m強の石造
りの主浴槽が配されてい
ます。
開け放たれたガラス戸の玄関を入
ると、小綺麗なロビーの右端に小
さな受付カウンターがあり、居合
わせた若女将に立寄り入浴をお願
いします。

浴場は受付のすぐ横に設けられた
“千慈の湯”“若鹿の湯”という
男女時間入替えの内湯と貸切露天
風呂があり、訪問した時は、濃藍
色の暖簾が掛けられた右側の千慈
の湯が男湯となっていました。
『旅館 山快』は、東野交通バスの
湯本1丁目バス停から那須街道を下
り、60m先で右斜めに分かれる坂道
を上るとすぐ右手に所在する1942年
創業の温泉旅館です。

1982年に建てられたという白壁の建
物は鉄筋鉄骨造りの3階建てで、2・
3階に配された客室は全10室を数え
ます。
中世以降には、源 頼朝・日蓮上人・松尾芭蕉といった歴史上の人物
が入湯し、江戸時代には、江戸在府の諸大名もしばしば湯治に訪れ、
温泉街の形成も進みましたが、1858(安政5)年6月14日に集中豪雨によ
る山津波が発生し、家屋流出13戸・死者18名の大惨事となりました。
被災後、14代黒羽藩主大関増徳の援助で温泉を湯川右岸の高台に移し
て復興。5か所の湯屋を創設し、28軒の湯宿が営業を再開しました。


なお、江戸末期以降、当温泉をはじめとして、茶臼岳山麓周辺に点在
する板室・大丸・弁天・北・高雄・三斗小屋の各温泉が“那須七湯”
と総称されてきましたが、現在は、地理的に少し離れた板室温泉に代
わって1890(明治23)年に開湯した八幡温泉が七湯に加わり、さらに、
1923(大正12)年に大丸温泉から引湯に成功して開発された新那須温泉
を加えて“那須八湯”と呼んでいます。

トップページへ



栃木県の温泉へ



浴室に足を踏み入れ、美しい濁り湯を湛えたこれらの浴槽を
目にした途端、思いがけず「おー」という感嘆の声を漏らし
てしまいました。
脱衣所も可愛らしい雰囲気で、正面
右端に置かれた木造りの3段棚には
籐の角籠が3個ずつ備えられ、左手
前には洗面ボウル2基のパウダーコ
ーナーが設置されています。

左奥の扉とガラス戸の二重の出入口
を抜けた先にある浴室は、石張りの
床が奥に向かって階段状に下降する
造り。