住 所   栃木県那須郡那須町湯本178-3
  電 話   0287-76-3633
 営業時間   立寄り 11:00~14:00
       (とちぎにごり湯の会の湯めぐりのみ)
 入浴料   400円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   鹿の湯・行人の湯 混合泉
  泉 質   単純酸性硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   57.8  ℃
 pH   2.6
 成分総計   0.899 g/㎏
    H=2.5/Na=28.5/K=6.4/Ca=66.8/Mg=22.1/Al=7.6/
  Fe2=0.7/Mn=1.2(135.8㎎/㎏)
  F=0.9/Cl=76.0/SO4=370.1/HSO4=31.3(478.3㎎/㎏)
  H2SO4=0.2/H2SiO3=225.3/HBO2=3.3(228.8㎎/㎏)
  H2S=56.3(56.3㎎/㎏)   
         
〔2009.02.25〕
 入浴履歴   初訪12.09.13 泊
 評 価   ★★★★
 那須湯本温泉
民宿 新小松屋
                    なすゆもとおんせん みんしゅく しんこまつや
那須湯本温泉は、東北自動車道の那須I.Cから県道那須高原線(17号)で北北西へ11.5㎞余り、九尾の狐の逸
話が伝わる“殺生石”近くに源を発して流下する湯川と那須街道と呼ばれる県道沿いに30軒ほどの旅館・ホ
テル・民宿が点在する、那須連山の主峰 茶臼岳(1915m)の南東麓に湯けむりを上げる温泉地です。

舒明天皇2年の630年頃、那須野ヶ原 茗荷沢の住人 狩野三郎行廣が、山狩りで射損じた白鹿が谷間で温泉に
浴して矢傷を癒しているのを見て発見し、“鹿の湯”と名付けたと伝えられる古湯で、正倉院に残る738(天
平10)年の文書『駿河国正税帳』には、従四位下 小野朝臣牛養が「下野国那須湯」へ12名の従者を帯同して
病気療養に訪れたことが記録されています。
両湯船にトボトボと注がれているのは、鹿の湯以外には12軒の湯宿
だけに引湯されているという鹿の湯・行人の湯混合泉。
少し熱めの青白磁のような美しい濁り湯からは、弱硫黄臭と少レモ
ン酸味が感じられ、身体にしっとり染み渡り、肌がぬるっとしまし
た。


宿泊施設の中では最も泉源に近いことから、霊泉鹿の湯を鮮度良好
な状態で思う存分堪能することができ、加えて、食事処でいただい
た食事も派手さはないもののとても美味しく、温泉好きの間で評判
を呼んでいるのも納得の居心地の良い家庭的なお宿でした。
                        〔13.06.11〕
一方、翌朝、朝湯として利用した女湯の華の湯は、元の湯と比べると一
回り小さく、板壁の脱衣所には、左に洗面台1基と脱衣箱4庫、その向か
いに木製のベンチが置かれています。

浴室はやはり板壁・板張りで、右側手前にシャワーカラン1基、そのす
ぐ奥に元の湯と同じ造りをした1.5×1.0mほどの湯船が配され、朝一番
で劣化の少ない源泉がたっぷりと湛えられていました。
浴室は板壁・板張りで、右側にシャ
ワーカラン1基、左に板材で縁取り、
側面と底を温泉成分で真っ白となっ
た煉瓦のような石タイルで仕上げた
2.0×1.2mほどの湯船が配されてい
ました。
2か所ある浴場はいずれも別棟にあり、帳
場の奥の廊下を左手に進み、一旦外に出る
と右側にある“元の湯”、反対に右へ進ん
で突き当たりの扉を出た先にある“華の湯”
と一応男女別となっていますが、夕方の5
~7時以外は木札を掛けて貸切で利用する
ことができます。

夕食後に利用させていただいたのは、モル
タル造りの浴舎に青ペンキで「元湯温泉」
と書かれた元の湯。
横に長い白壁の建物は木造の2階
建てで、欅造りの囲炉裏が置かれ
た板張りのロビーの右手にある小
さな帳場でチェックインを行いま
す。

全7室の客室はすべて2階にあり、
階段を上るとすぐ右側にある6畳
和室の“夕月”を利用させていた
だきました(1泊2食 6650円)。
『民宿 新小松屋』は、民宿街の最奥、当温泉の顔でもある「元湯 鹿の湯」から元湯通りと呼ばれる石畳の
道を30mほど下ると左手に所在する、明治時代に創業し、2004年からは4代目夫婦が切り盛りしているとい
う老舗の民宿です。
中世以降には、源 頼朝・日蓮上人・松尾芭蕉といった歴史上の人物
が入湯し、江戸時代には、江戸在府の諸大名もしばしば湯治に訪れ、
温泉街の形成も進みましたが、1858(安政5)年6月14日に集中豪雨によ
る山津波が発生し、家屋流出13戸・死者18名の大惨事となりました。
被災後、14代黒羽藩主大関増徳の援助で温泉を湯川右岸の高台に移し
て復興。5か所の湯屋を創設し、28軒の湯宿が営業を再開しました。


なお、江戸末期以降、当温泉をはじめとして、茶臼岳山麓周辺に点在
する板室・大丸・弁天・北・高雄・三斗小屋の各温泉が“那須七湯”
と総称されてきましたが、現在は、地理的に少し離れた板室温泉に代
わって1890(明治23)年に開湯した八幡温泉が七湯に加わり、さらに、
1923(大正12)年に大丸温泉から引湯に成功して開発された新那須温泉
を加えて“那須八湯”と呼んでいます。

トップページへ



栃木県の温泉へ



脱衣所は幅狭の小ぢんまりした造りで、右側に白い脱衣箱9庫が置かれ、その向
かいには木製のベンチが備えられています。
安価に宿泊できるだけでなく、お風
呂を持たない民宿が大半の那須湯本
にあって、民宿南月とともに鹿の湯
と同じ源泉に24時間浸かることがで
きるということで、初めて訪れた栃
木県での湯めぐりの初日に宿泊利用
しました。