住 所   長野県下高井郡野沢温泉村豊郷秋葉
  電 話   
 営業時間   5:00(12~3月 6:00)~23:00
 入浴料   寸志
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   大釜・御嶽 混合泉
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   70.8 ℃
 pH   8.6
 成分総計   0.879 g/㎏
    Na=188.0/K=10.6/Ca=60.9/Mg=0.2/Al=0.6/NH4=1.0
  (261.3㎎/㎏)
  F=0.8/Br=0.2/Cl=75.7/SO4=389.8/HCO3=33.8/
  CO3=10.6/HS=7.5(518.4㎎/㎏)
  H2Si03=93.0/HBO2=6.1(99.1㎎/㎏)
  H2S=0.2(0.2㎎/㎏)             
〔2008.09.29〕
 入浴履歴   初訪08.07.25,最終10.09.18(2回目)
 評 価   ★★★★
 野沢温泉
秋 葉 の 湯
                           のざわおんせん あきはのゆ
松葉の湯で苦悶を余儀なくされた高温の源泉ですが、この浴
場では左から延びる黒パイプから冷泉も同時に加えられてお
り、少し熱めながらもゆったりと浸かることができます。


浴舎の造りなどには特筆すべき点はほとんどなく、いかにも
普段使いの湯といった素朴な佇まい。
温泉街の喧騒とは無縁に静かに野沢の湯を堪能したい向きに
は、ぜひお勧めしたい浴場です。       〔10.10.05〕
浴場は、左右に17・15庫の脱衣箱が設えられた簀子敷きの脱衣所とその奥
に続く浴室がガラス戸によって仕切られた分離型で、タイル張りの浴室に
は、右側の仕切り壁に一辺を寄せて2.2×2.0mほどの水色タイル張りの方
形湯船が配されています。
浴舎は、野沢の外湯には珍しい白
壁モルタル造りの洋館っぽい建物
で、右寄りの入口からは土間が廊
下のようにまっすぐ奥へ延び、左
手前に男湯、その奥に女湯、突き
当りに洗濯場がそれぞれ設けられ
ています。

入口の柱の上方には、十二神将の
一人である“伐折羅(ばきら)大将
が、この浴場の守り仏として祀ら
れていました。
『秋葉の湯』は、文部省唱歌“春が来た”“朧月夜”などの作詞家で、国語国文学者であった河野辰之博士
(1876~1947)の業績を讃えた記念館「おぼろ月夜の館 斑山文庫」の手前から秋葉民宿街という上り坂を220
mほど上ると右手に所在する、1980年に創設された野沢温泉では最も新しい共同浴場です。
野沢温泉村では38か所の泉源が知られ、古くは「釜潭」(熱湯がたぎる
縁)と呼ばれた“麻釜”(おがま)では、地元住民が野沢菜や卵などを茹
でるのに利用しています。

また、村内には御殿湯であった大湯をはじめ13か所の共同浴場(外湯)が
点在しており、江戸時代から湯仲間という制度によって守り続けられて
きました。
現在でも、この株仲間が当番制で清掃や管理に当たり、宿泊客はもちろ
んのこと、日帰りの観光客も寸志で入浴することができます。
鎌倉時代には「犬養御湯」と呼ばれ、承久の乱(1221年)で佐渡へ配流
となった順徳天皇により、名取御湯(宮城県 秋保温泉)・信濃御湯(長
野県 別所温泉)とともに『三御湯』に選定されています(犬養御湯で
はなく、三函御湯=福島県 いわき湯本温泉の説もあり)。
1272(文永9)年には、湯山村という名で歴史に登場しています。

江戸時代には、1639(寛永16)年に藩主となり、飯山藩の基礎を固めた
松平忠倶によって御殿湯が置かれ、合わせて浴場や宿を湯治場として
整備し、広く一般にも開放したことから、多くの民衆がこの山里を湯
治に訪れるようになり、明治初期には3年間で2万人以上を数えるほど
になりました。
野沢温泉は、上信越自動車道の豊田飯山I.Cから国道117号と県道飯山野沢温泉線(38号)経由で20㎞余り、毛
無山(1650m)の西麓に旅館・ホテル・民宿など200軒以上の宿泊施設が集まる、“温泉大国”信州を代表す
る温泉地です。

開湯については、聖武天皇の時代(724~748)にこの地を訪れた行基が発見したとされていますが、そのほか
にも、修行をしていた山伏が見つけた、あるいは、手負いの熊が傷を負った手を湧出口に浸しているのを猟
師が見つけ発見した、という説も伝わっています。

トップページへ



長野県の温泉へ



壁中央のパイプ湯口からトボトボと湯
船に掛け流されているのは、麻釜の一
つ、大釜源泉(現在は上段の源泉へ変
更)。

消しゴムの滓のような半透明の湯の華
が舞う無色透明の湯からは、同じ源泉
を利用している松葉の湯と同様、ガス
っぽい焦げ硫黄臭が結構強く香り、つ
るっとした肌触りも上々でした。