住 所   長野県下高井郡野沢温泉村豊郷中尾
  電 話   
 営業時間   5:00(12~3月 6:00)~23:00
 入浴料   寸志
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   丸釜・茹釜・竹伸し釜・下釜・御嶽の湯 混合泉
  泉 質   含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   77.0 ℃
 pH   8.8
 成分総計   1.059 g/㎏
    Sr=0.6/Na=203.7/K=6.8/Ca=87.0/NH4=1.2(299.3㎎/㎏)
  F=1.0/Br=0.3/Cl=86.5/SO4=529.0/HCO3=10.4/
  CO3=15.0/OH=0.1/HS=5.2(647.5㎎/㎏)
  H2Si03=104.1/HBO2=8.0(112.1㎎/㎏)
  
〔2014.11.14〕
 入浴履歴   初訪08.07.25
 評 価   ★★★★
 野沢温泉
中 尾 の 湯
                           のざわおんせん なかおのゆ
野沢温泉は、上信越自動車道の豊田飯山I.Cから国道117号と県道飯山野沢温泉線(38号)経由で20㎞余り、毛
無山(1650m)の西麓に旅館・ホテル・民宿など200軒以上の宿泊施設が集まる、“温泉大国”信州を代表す
る温泉地です。

開湯については、聖武天皇の時代(724~748)にこの地を訪れた行基が発見したとされていますが、そのほか
にも、修行をしていた山伏が見つけた、あるいは、手負いの熊が傷を負った手を湧出口に浸しているのを猟
師が見つけ発見した、という説も伝わっています。
右手のアルミ扉を入ると、浴場は脱衣所と浴室が並列する一体型の造り。

前に簀子が敷き並べられた右壁には2段の脱衣箱が設えられ、4基の水カラ
ンが並んだ低い仕切りを間に置いて、一段下がった左側が浴室となってい
ます。
浴室はタイル張りで、腰壁も淡桃色のタイルで仕上げられていました。
野沢温泉を初めて訪れた際、外湯めぐりの最後に訪れた浴場です。
湯疲れ気味であったにもかかわらず、どっしりとした浴舎や広々とし
た浴室、野沢では珍しい木の湯船など、温泉だけでなくそれ以外の部
分でもとても心惹かれました。

なお、浴舎の左端には、洗濯場が付設されています。
一歩間違えると、湯船と勘違いして飛び込んでしまいそうです(笑)。
                          〔10.10.02〕
利用されているのは、麻
釜の4源泉と御嶽の湯の
混合泉。

湯面が盛り上がって見え
るほどたっぷりと掛け流
された無色透明の湯から
は、芳ばしい焦げ硫黄臭
が香り、湯の中では綿の
ような白い湯の華が多量
に舞っていました。
そのため、大浴槽は少し熱めながらも十分入浴可能な湯温と
なっていましたが、小浴槽の方は激熱で浸かることができま
せんでした。
『中尾の湯』は、観光案内所が設けられている中尾駐車場から県道沿い
に北へ700mほど向かった右手の住宅地、温泉街の南外れに所在する共
同浴場です。

1980年に建て替えられたという木造の浴舎は、外湯の中では最も規模の
大きい寄棟造りの湯屋建築。
湯気抜きがあまりにも立派であることから2階建てのようにも見え、軒
先を反らせた外観からは社寺のような重厚感が感じられます。
平入りの入口の上には入母屋風の庇が覆い、それを支える真ん中の柱に
は、十二神将の一人である“迷企羅(めきら)大将”が、この浴場の守り
仏として祀られています。
野沢温泉村では38か所の泉源が知られ、古くは「釜潭」(熱湯がたぎ
る縁)と呼ばれた“麻釜(おがま)”では、地元住民が野沢菜や卵など
を茹でるのに利用しています。

また、村内には御殿湯であった大湯をはじめ13か所の共同浴場(外湯)
が点在しており、江戸時代から湯仲間という制度によって守り続けら
れてきました。
現在でも、この株仲間が当番制で清掃や管理に当たり、宿泊客はもち
ろんのこと、日帰りの観光客も寸志で入浴することができます。
鎌倉時代には「犬養御湯」と呼ばれ、承久の乱(1221年)で佐渡へ配流と
なった順徳天皇により、名取御湯(宮城県 秋保温泉)・信濃御湯(長野県
別所温泉)とともに『三御湯』に選定されています(犬養御湯ではなく、
三函御湯=福島県 いわき湯本温泉の説もあり)。
1272(文永9)年には、湯山村という名で歴史に登場しています。

江戸時代には、1639(寛永16)年に藩主となり、飯山藩の基礎を固めた松
平忠倶によって御殿湯が置かれ、合わせて浴場や宿を湯治場として整備
し、広く一般にも開放したことから、多くの民衆がこの山里を湯治に訪
れるようになり、明治初期には3年間で2万人以上を数えるほどになりま
した。

トップページへ



長野県の温泉へ



浴室の中央には、大湯を除いた外湯で
唯一の木造りの湯船が配され、仕切り
板によって約1.45×1.7mと2.4×1.7
mの左右2槽に分けられています。

奥には2つの浴槽に跨るように礫積み
の湯口が設えられ、左の小浴槽には高
温の源泉が直接、右側の大浴槽には礫
積みに接続したステンレス管から冷泉
が注がれていました。