住 所   北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷北区
  52-1
  電 話   01564-4-2121
 営業時間   立寄り 13:00~20:00 (休=水)
 入浴料   800円
温泉利用状況   完全放流式 (内湯 加水あり)
   
 源 泉 名   湯元館
  泉 質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   59.0  ℃
 pH   7.1
 成分総計   1.096  g/㎏
    Na=246.9/K=9.5/Ca=36.7/Mg=0.5/NH4=0.4/Mn=0.2
  (294.2㎎/㎏)
  F=2.3/Cl=246.6/SO4=67.4/HCO3=287.6/CO3=0.3/
  HS=0.2(604.4㎎/㎏)
  H2SiO3=127.9/HBO2=42.9(170.8㎎/㎏)
  CO2=26.5/H2S=0.2(26.7㎎/㎏)      〔2012.06.05〕
 入浴履歴   初訪17.07.15
 評 価   ★★★★
 ぬかびら温泉
湯 元 館
                             ぬかびらおんせん ゆもとかん
なお、当温泉地では、9軒のうち7軒の宿泊施設が参加して“湯めぐり”の取り組みを行い、参加施設に宿泊
すると他の6軒の浴場を無料で利用できるとのこと。
機会があればぜひとも泊まりで訪れ、各宿自慢の掛け流し浴場へ足を運びたいと思います。  〔18.01.27〕


※ 訪問2か月後の2017年9月に医療法人社団 翔嶺館グループに売却され、同年10月10日からリニューアル
  工事に入り、1918年2月1日に『湯元館』として日帰り入浴を再開。混浴は廃止され、“空翠の湯”“神
  韻の湯”という2つの浴場を男女日替わりで利用している。
  宿泊は別棟のコテージ“やすら樹荘”のみで受け付け、ライダーハウスは2017年をもって営業終了、本
  館の宿泊営業も当分の間再開の予定はなし。                  〔18.08.12 追記〕

トップページへ



北海道の温泉へ



また、小浴槽の右隣の扉
を抜け、階段を下りて右
へ折れると、壁に礫を積
み上げ、槽内に大きな岩
を立てた混浴露天風呂が
あり、眼下には糠平川へ
向かって支流である八千
代川が流下しています。

自然湧出している自家源
泉が100%掛け流しで供
されているというこの湯
船は、訪問時も多くの男
性客で賑わっていましたが、季節柄、虻・蚋が飛び交って落
ち着かなかったため、湯の性状などを十分に確認することな
く、内湯へ戻ってしまいました。
一方、内湯の大
浴槽には、中央
の湯口から湧水
が20%ほど加え
られた熱め寄り
適温の源泉が注
がれ、清澄な無
色透明の湯から
は、湯口でほん
のり硫黄臭が香
り、半透明の湯
の華が多量に舞
う湯船に浸かる
と、肌がつるき
ししました。
少し仄暗い浴室
は玉石タイル張
りで、左手前に
4基のシャワー
カランが並び、
中央にオーバル
形をした玉石タ
イル張りのゆっ
たりとした大浴
槽、右奥隅に扇
形を呈したコン
クリート造りの
小浴槽が配され
ていました。
横長長方形の脱衣所にはゴムマット
が敷かれ、左側に各段3個のプラス
チック籠を載せた3段のパイプ棚が
逆コ字に置かれ、その右横には2基
の洗面台が備えられています。
両開きのガラス戸から館内へ入る
と、玄関のすぐ右に帳場があり、
立寄り入浴をお願いします。

浴場はまっすぐ奥へ延びる幅狭の
廊下を進み、突き当たり斜め右の
階段を下りた地下にあり、階段の
すぐ左前が女湯、さらに奥へ歩を
進めた左手が男湯の入口となって
いました。
『元祖 湯元館』は、国道の北側で温泉街の最も上手に所在する、温泉
地開発の功労者である島隆美氏が1925(大正14)年に創業し、1929年3月
に福島舘が開業されるまでは唯一の湯宿であったという老舗旅館です。

緑鮮やかな木々に覆われるように建つ上から見ると凸形を呈した建物は
木造2階建てで、客室は全11室を数えます。
1919(大正8)年3月、島隆美氏が原生林の中に自然湧出する源泉を発見
し、人跡未踏の地で道路開削を手掛け、1924(大正13)年12月に6坪の
湯壺小屋を建てたのを嚆矢とする温泉で、1934(昭和9)年には15軒の
宿が営業するなど湯治場として賑わいました。

2007年6月1日に旅館組合が北海道庁で全国で7番目の“源泉かけ流し
宣言”を行い、2009年には糠平を「糖平」と誤表記される例が多かっ
たことから、地区の地名を「ぬかびら源泉郷」へ変更しました。
ぬかびら温泉は、道東自動車道の音更帯広I.Cから国道241号と273号で北上すること54㎞余り、糠平湖の南
西に位置し、東西方向に抜ける国道の両側に9軒の宿泊施設と飲食店・土産店が建ち並ぶ、標高約550mを測
る山間の温泉地です。