住 所   栃木県那須塩原市湯本塩原
  電 話   
 営業時間   7:00~18:00
 入浴料   300円 (宿泊者 無料)
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   寺の湯
  泉 質   酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   74.3  ℃
 pH   2.2
 成分総計   2.099 g/㎏
    H=6.4/Na=37.0/K=11.3/Ca=78.9/Mg=22.2/Al=102.4/
  Fe2=14.8/Zn=0.1/Mn=0.2(273.3㎎/㎏)
  F=0.2/Cl=11.9/SO4=1180.9/HSO4=251.0(1444.0㎎/㎏)
  H2SO4=4.0/H2SiO3=320.9/HBO2=1.7(326.6㎎/㎏)
  H2S=55.6(55.6㎎/㎏)   
         
〔1993.07.20〕
 入浴履歴   初訪12.09.13
 評 価   ★★★★
 奥塩原新湯温泉
寺 の 湯
                        おくしおばらあらゆおんせん てらのゆ
新湯温泉は、東北自動車道の西那須野塩原I.Cから国道400号と日塩もみじラインを経由して約23㎞、箒川と
その支流に沿って点在する大網・福渡・塩の湯・塩釜・畑下・門前・古町・中塩原・上塩原・元湯の各温泉
とともに“塩原十一湯”と呼ばれる塩原温泉郷の中では最も高い、富士山(1184.1m)西麓の標高940m前後
の高所に4軒の湯宿と共同浴場3か所が集まる小さな温泉地です。
総木造りの浴室には、各1.5m四方の2槽に仕切られた木造湯
船が中央奥に寄せて配され、仕切りを挟んで両側に設けられ
たパイプ湯口から高温の独自源泉がトボトボと注がれていま
した。
左の浴槽ではやや熱め、右では適温に調整された透明度25㎝
ほどの青みを帯びた白濁湯からは、明礬硫黄臭と少酸味が感
じられ、湯に浸かると肌がしっとりしました。


先客は、那須塩原市街から車で時折来られるという常連の年
配男性がお一人。
毎回数時間は滞在されるという男性とよもやま話に花を咲か
せながら、青白磁のような美しい濁り湯を堪能させていただ
きました。                 〔13.05.30〕
浴場は、脱衣所と浴室が壁とガラス戸で仕切られた分離型。
入口を入ると左右両側に板張りの脱衣所があり、いずれも手前側に3
段の棚が設えられ、その前にはそれぞれガラス戸が取り付けられてい
ます。

脱衣所には特に男女の別が明示されておらず、ガラス戸が透明である
ことも合わせ、女性にはいささかハードルの高い構造と言えるでしょ
う。
平安時代後期の1100(康和2)年頃にはすでに発見され、1156(保元元)
年に塩原八郎家忠が地頭として塩原の地を治め、八郎ヶ原に居館を構
えていた頃、一部の武士が“居村”と呼ばれていたこの一帯に住みつ
き、湯船を造って入浴に供していたそうです。

1683(天和3)年に発生した日光地震による被害で元湯温泉が壊滅的な
被害を受けて廃村となった後、再復興を断念した9軒の宿屋が移住し
て湯治場を開き、1713(正徳3)年には、元湯にあった温泉神社から御
神体とともに石幢・石段・鳥居などが人力で移され、1783(天明3)年
に初代宇都宮藩主である戸田因幡守忠寛の寄進によって新湯温泉神社
の本殿が再建されました。
なお、富士山中腹の爆裂火口跡からは、現在も亜硫酸ガスを含んだ白
い水蒸気が濛々と立ち上っています。

トップページへ



栃木県の温泉へ



『寺の湯』は、爆裂火口跡を背後に
日塩もみじラインの左手に所在する
混浴の共同浴場で、浴場名はかつて
湯本村に存在した円覚院円谷寺の寺
湯であったことに因んでいます。

浴舎は寄棟造りの平側の一方を長く
したような木造平屋建てで、中央の
入口扉の左横に料金箱が備え付けら
れており、無料で入浴できる宿泊客
以外の外来利用者は、事前に入浴料
を納めるようになっています。