住 所   長野県上高井郡高山村奥山田3681-347
  電 話   026-242-2418
 営業時間   立寄り 10:00~13:30
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   奥山田温泉 五色上 (蒸気泉・表流水 混合)
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   72.9  ℃
 pH   6.8
 成分総計   0.7957 g/㎏
    Sr=0.3/Na=107.8/K=15.6/Ca=38.9/Mg=3.6/Al=1.0/
  Mn=0.4(167.6㎎/㎏)
  F=0.7/Cl=133.4/SO4=104.3/HCO3=58.0/HS=13.1
  (309.5㎎/㎏)
  HAs02=0.4/H2Si03=161.2/HBO2=109.1(270.7㎎/㎏)
  CO2=24.4/H2S=23.5(47.9㎎/㎏)     〔2005.06.27〕
 入浴履歴   初訪09.10.11
 評 価   ★★★★★★
 奥山田温泉
レッドウッド イン
                     おくやまだおんせん れっどうっど いん
奥山田温泉は、国道403号の松川団地入口交差点から県道豊野南志賀公
園線(66号)で20.1㎞、七味温泉への分れ道から急坂をさらに2.8㎞ほ
ど上り詰めた標高1500mに所在する、7軒の宿泊施設からなる信州高山
温泉郷では最も奥に位置する高原の温泉です。

笠ヶ岳の西斜面に広がる159ヘクタールもの牧草地に牛や馬が自然放牧
された山田牧場があることでも知られ、2016年1月3日をもって閉館した
満山荘を創業した堀江文四郎氏がこの地にも温泉を引きたいという願い
から温泉開発に尽力。
組合を設立し、1979年に7億円以上をかけて、五色温泉からやや遡った
松川渓谷沿いに噴出する95℃の蒸気(噴気)を沢水で溶解して硫黄泉を造
成し、300mの引湯に成功したそうです。
山田牧場に臨んで所在する『レッドウッド イン』は、先代のオーナーが今では風倒木でさえ切り出すこと
ができないカナダの銘木レッドウッドの巨木をアメリカの国立公園セコイアナショナルパーク内で探し出し
て輸入し、その材を利用してカナダ森林警察隊の詰所を模して造った、客室数10室の山小屋風ロッジです。

1階はレストランとなっており、料理でも有名なためか、訪れた時はほぼ満席の大賑わい。
先客が1名入浴中のとこ
ろをお邪魔しましたが、
大人2名が同浴しても十
分に余裕があり、その巨
大さが窺われます。

湯船には透明度35㎝ほど
に白濁したやはりぬるめ
の湯が満たされ、時折、
高原の冷涼な空気で火照
った身体を冷ましつつ、
前方のゲレンデを眺めな
がらのんびりと湯浴みを
楽しみました。
それでも何と言ってもこの宿の目玉は、内湯の左手前から外に出て少し
上に上がったところに設けられている、樹齢1650年という直径3.2mの
レッドウッドの丸太を刳り貫いて造った露天風呂です。
内湯も幅狭の小ぢんまりした造り
で、手前右手に3基のシャワーカ
ランが並び、その奥に木で縁取っ
た1.65×1.4mほどのタイル張り
湯船が配されています。

塩ビパイプから湯船に掛け流され
ているのは、各宿に引湯されてい
る前述した噴気造成泉。
細かい白色の湯の華が多数舞うう
っすらと白濁した湯からは、焦げ
硫黄臭がしっかり香り、湯温がぬ
るめであったことも手伝って、リ
ラックスした気分で気持ち良く浸
かることができました。
大忙しの中、レストラ
ンのレジで立寄り入浴
をお願いして入浴料を
支払い、左側の扉から
階上へ上がりました。

浴場は小さな額がお洒
落に飾られた階段の突
き当たりを右に折れ、
回り込むようにさらに
上へ上った先にあり、
脱衣所には手狭ながら
2列の棚に7個の角籠が
備えられていました。

トップページへ



長野県の温泉へ



初めての造成泉は、浴感こそ少し軽めな感じながら、湯の個性はしっかり。次回はぜひ宿泊して、評判の料
理ともども堪能してみたいと思います。                〔11.06.14,16.01.01 記事補訂〕