住 所   長野県北安曇郡小谷村中土
  電 話   0261-85-1607 (雨飾荘)
 営業時間   10:00~21:00 (休=11月下~4月中旬)
 入浴料   寸志
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   小谷温泉1
  泉 質   ナトリウム-炭酸水素塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   51.8  ℃
 pH   7.0
 成分総計   3.895 g/㎏
    Li=1.0/Sr=2.2/Na=920.4/K=14.4/Ca=30.6/Mg=9.7/
  Fe2=0.2/Ba=1.3/Mn=0.03(979.8㎎/㎏)
  F=0.5/I=0.6/Br=0.2/Cl=102.3/HCO3=2441/HPO4=0.2
  (2545㎎/㎏)
  H2SiO3=56.6/HBO2=13.1(69.7㎎/㎏)
  CO2=300.6(300.6㎎/㎏)           〔2006.06.30〕
 入浴履歴   初訪11.11.05
 評 価   ★★★★
 小谷温泉奥の湯
雨飾高原露天風呂
            おたりおんせんおくのゆ あまかざりこうげんろてんぶろ
男湯は、斜路の行き当たり右手に2段の棚が設えられた小さ
な脱衣小屋、左に良く整備された石造りの露天風呂があり、
入浴に際しては、脱衣小屋の横に備えられた協力金箱に寸志
を納めるようになっています。
大きな岩で周りを画した湯船は、営業開始直後ということで
温泉が通常の半分程度しか溜まっておらず、湯温がとても熱
かったため、常連という先客とともに少し水を加えて入湯し
ました。
無色透明の湯からは、極微弱な土類臭が加わった油臭がほん
のり香り、肌もつるりとする意外と個性的な良泉でした。

最初は2人で言葉を交わしながらのんびりと湯浴みを楽しん
でいましたが、しばらくすると4~5名のお客さんが来られた
ため、代わって引き上げることにしました。
利用客が少なければ温浴と同時に森林浴も存分に楽しめる、
自然溢れる開放的な浴場でした。       〔13.01.05〕
小谷温泉は、国道148号(千国街道)の小谷温泉口交差点から県道川尻小谷糸魚川線(114号)で北東方向へ上る
こと約10㎞、日本百名山 雨飾山(1963.2m)の南麓、姫川の支流である中谷川を望む標高850mの山腹に元湯
・新湯と熱湯という3本の源泉を守り続ける2軒の湯宿が佇む静かな温泉地です。

1555(弘治元)年に武田信玄の家臣 岡田甚一郎が夢枕に現われた薬師如来のお告げによって発見し、傷兵の
療養に利用したと伝えられる信玄の隠し湯の一つに数えられている古湯で、その由来から“現夢(うつつ)の
湯”と呼ばれ、江戸時代には農閑期の湯治場として賑わいました。
1893(明治26)年、ドイツで開催された万国霊泉博覧会に別府・草津・登別の各温泉とともに内務省により選
抜・出泉され、1971年3月23日には国民保養温泉地に指定されています。

トップページへ



長野県の温泉へ



『雨飾高原露天風呂』は、元湯を守
り続けている山田旅館から県道をさ
らに1.6㎞ほど上った、小谷村のサ
イトや温泉情報誌などで“小谷温泉
奥の湯”として雨飾荘とともに紹介
されている村営の露天風呂です。

道の傍らに立てられた標柱にしたが
って雨飾荘の少し手前右側のブナ林
に入り、二股に分かれる舗装された
スロープをまっすぐ進むと女湯、右
に向かうと男湯に分かれています。