住 所   三重県四日市市山田町5570-4
  電 話   059-328-2907
 営業時間   9:30~21:00
 入浴料   500円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   小山田温泉
  泉 質   単純温泉(アルカリ性)
 湧出量   830  ℓ/min
 泉 温   56.8 ℃
 pH   8.6
 成分総計   0.49  g/㎏
    Na=124.9/K=1.0/Ca=3.6/NH4=0.8(130.3㎎/㎏)
  F=0.3/Cl=13.3/SO4=0.2/HCO3=289.2/CO3=11.1
  (314.1㎎/㎏)
  H2Si03=40.1/HBO2=0.5(40.6㎎/㎏)
  C02=1.0(1.0㎎/㎏)             〔2007.01.10〕
 入浴履歴   初訪07.07.28
 評 価   ★★★★
 小山田温泉
小山田温泉地域交流ホーム
    おやまだおんせん おやまだおんせんちいきこうりゅうほーむ
泉質は、片岡温泉や鈴鹿さつき温泉などこの周辺に特徴的な
モール系の単純温泉。
薄黄色を帯びた透明湯からは、針葉樹のような芳ばしい香り
が漂い、肌に滑らかな柔らかい浴感が印象に残りました。


湯温が高いために長湯向きではないものの、内湯の湯口から
新鮮な湯が常時ドバドバと注がれており、大変気持ちの良い
一湯でした。   〔10.02.05,15.12.20 画像一部差替え〕
浴場は脱衣所・浴室とも小ぢんまりした造りとなっています
が、内湯のほかに露天風呂も併設され、内湯には石板造りの
方形湯船、大きなガラスを隔てた露天には、傍らに大小の自
然石を配した玉石タイル張りの湯船が設けられていました。

この2つの湯船はガラスの下で繋がっており、内湯の溢れ湯
が露天へ流れ込み、そこから排水溝に排湯されるようになっ
ていました。
国道1号の采女南交差点から県道四日市鈴鹿環状線(8号)・四日市菰野大安線(140号)で7㎞余り、茶畑が広が
る長閑な田園風景の中に突如として現れる巨大な建物が、1977年に開設され、1986年11月にこの丘陵地に新
築移転された小山田記念温泉病院です。
『小山田温泉地域交流ホーム』は、この病院に隣接する「コミュニティ
ホール ぴあ小山田」内にある施設で、1974年に四日市市で初めて特別
擁護老人ホームを開所した社会福祉法人青山里会が、福祉施設の利用者
と地域住民の交流を目的として1986年に開設したそうです。
小山田温泉ヘルシークラブ(OHC)という健康増進クラブの会員制施設で
すが、館内右手にある受付で記名をして入浴料500円(会員360円)を支払
えば、非会員でも入浴することができます。

浴場は受付向かい側の階段を下りた地下にあり、手前には飲泉所も設置
されています。

トップページへ



三重県の温泉へ