住 所   三重県四日市市山田町
  電 話   
 営業時間   盆・年末年始,小山田温泉まつり期間
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   小山田温泉
  泉 質   単純温泉(アルカリ性)
 湧出量   830  ℓ/min
 泉 温   56.8 ℃
 pH   8.6
 成分総計   0.49  g/㎏
    Na=124.9/K=1.0/Ca=3.6/NH4=0.8(130.3㎎/㎏)
  F=0.3/Cl=13.3/SO4=0.2/HCO3=289.2/CO3=11.1
  (314.1㎎/㎏)
  H2Si03=40.1/HBO2=0.5(40.6㎎/㎏)
  C02=1.0(1.0㎎/㎏)
             〔2007.01.10〕
 入浴履歴   初訪12.01.02
 評 価   ★★★★
 小山田温泉
露天風呂 きじの湯
                  おやまだおんせん ろてんぶろ きじのゆ
岩風呂へは右手前の岩の間に挿し込まれたパイプから高温の源泉が浴槽
内で注入され、溢れ出た湯は打たせ湯の側へ流れ込むようになっていま
す。

塵や糸屑のような淡褐色半透明の湯の華が多数舞う淡黄色透明の適温の
湯からは、針葉樹のような匂いに甘さがほんのり加わったモール臭が香
り、つるきしした肌触りがありました。
老人ホームの裏手から棟門を潜り、
大きな池を擁した日本庭園を右手に
“大欠荘”という木造建物の前を通
り抜けると、左へ上る石造りの階段
があり、その先に木造瓦葺きの脱衣
小屋が設けられています。
国道1号の采女南交差点から県道四
日市鈴鹿環状線(8号)と四日市菰野
大安線(140号)で7㎞余り、茶畑が広
がるのどかな田園風景の中に突如と
して現れる巨大な建物が、社会福祉
法人青山里会によって1977年に開設
され、1986年11月にこの丘陵地に新
築移転された小山田記念温泉病院で
す。

トップページへ



三重県の温泉へ



ソープ・シャンプー類は使用禁止の浸かるだけの浴場ですが、寒さ厳しい正月の朝、冷えた身体を十分温
め、芳ばしい湯の香漂うモール泉を静かに満喫することができ、満足度の高い湯浴みとなりました。
                                          〔13.01.31〕
男湯は手前で、女湯は奥。
脱衣小屋は幅が狭く奥に長い狭小
な造りで、左側に木造りの2段の
棚が設えられ、6個のプラスチッ
ク籠が備えられていました。

小屋の外には、自然地形を活かし
ながら擬竹の塀によって画された
正面に奥行き5.3mほどの岩風呂
が配され、訪問時には湯が出てい
ませんでしたが、その奥には打た
せ湯が付設されています。
『露天風呂 きじの湯』は、温泉
病院の右横を北東方向へ300mほ
ど進み、小山田老人保健施設の右
側を入ると、背後に建つ第二小山
田特別養護老人ホームの西側に所
在する1986年に造られた青山里会
が所有する露天風呂で、盆・年末
年始と小山田温泉まつりの開催期
間のみ無料で一般公開されていま
す。