住 所   島根県大田市三瓶町志学932-1
  電 話   0854-83-3311 (三瓶観光案内所)
 営業時間   12:00~20:00
 入浴料   300円
温泉利用状況   完全放流式 (夏期以外 加温あり)
   
 源 泉 名   三瓶温泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量   3600 ℓ/min
 泉 温   37.5 ℃
 pH   
 成分総計   2.44 g/㎏
    Li=0.554/Sr=2.31/Na=495/K=53.0/Ca=113/Mg=42.7/
  Fe2・3=5.6/Ba=0.30/Mn=1.50(714㎎/㎏)
  F=0.24/I=0.30/Br=3.43/Cl=873/SO4=9.63/
  HCO3=318.0(1204.6㎎/㎏)
  HAs02=0.7/H2Si03=215.0/HBO2=20.5(236.2㎎/㎏)
  C02=289(289㎎/㎏)
        〔2003.06.18〕
 入浴履歴   初訪07.03.16,最終07.08.17(2回目)
 評 価   ★★★★
 三瓶温泉
志学薬師 鶴の湯
                     さんべおんせん しがくやくし つるのゆ
掛け湯としても利用できますが、ほとんど打ち棄てられている状態で、これだけでも三瓶温泉の湯量の豊富
さを窺うことができます。
湯船へは右奥隅の湯口から透明な源泉、また、外気温が低い季節にはその下の浴槽内から加温泉が注がれ、
湯船全体から絶えず静かに溢れ出していました。

酸化してほとんど透明度のない黄土色と化した濁り湯は、泉源からの引湯距離が長いこともあって微弱な金
気臭と炭酸味が感じられる程度でしたが、湯温がぬるめで長湯が可能であり、終始貸切状態であったことも
あって、心身ともにとてもリラックスできました。



三瓶温泉でマストと言えばやはり湯元旅館ということになりますが、この温泉を気軽に楽しむという点では
十分満足できる浴場です。                               〔10.03.13〕
『志学薬師 鶴の湯』は、県道三瓶山公園線(30号)から市道志学市街線を進み、少し寂れた感のある温泉街
へ入ると程なくして左手に所在する公衆浴場で、以前は「薬師湯」と呼ばれていました。

観光案内所を併設した建物は、この地域では通有の朱色鮮やかな石州瓦を葺き、下方をなまこ壁風にした白
壁・民芸調の平屋建て。入口を入ると右手に券売機が設置されており、入浴券を購入して左側の受付にいる
おばさんに手渡します。
男女別の浴場はフロアの右側にあり、手前の扉には女湯を表す“善女”、奥の扉には“善男”という札が掛
かっていました。
三瓶温泉は、出雲と石見の境に聳える活火山 三瓶山(主峰 男三瓶山,標高1126m)の南西麓、孫三瓶山と日
影山の間の“湯ノ谷”と呼ばれる標高600mの谷間に湧く温泉です。

開湯については定かではないものの、江戸時代には湯治場として開かれ、寛政年間(1789~1801)には「四岳
の湯谷温泉」という記録が残されています。
明治初期には川合村の岩谷家という個人の所有となっていましたが、梶谷啓二郎という青年が奔走して安価
で買取り、1877(明治10)年には村有にして道路や浴場を整備したそうです。
1891(明治24)年には、豪雪による倒壊で泉源付近から1㎞以上下った志学集落へ移転され、長らく地名を冠
して「志学温泉」と呼ばれていましたが、1959年に国民保養温泉地へ指定されたのを機に改称されました。
現在では、三瓶山の南側に3軒の宿泊施設と2か所の公衆(共同)浴場が、それぞれ距離を置いて点在していま
す。

トップページへ



島根県の温泉へ



内湯のみの浴室は、奥
に大きなガラス窓を配
し、床を平石張りとし
た明るく落ち着いた造
りで、左壁にカランが
並び、右側には御影石
で縁取った2.65×1.6
mほどの石張りの湯船
が奥に寄せて配されて
いました。
浴室に足を踏み入れてまず目に入るのが、湯船左手の壁から
突き出た太い塩ビ管からザバザバと垂れ流されている源泉。