住 所   鹿児島県薩摩川内市湯田町6763
  電 話   0996-28-0117
 営業時間   立寄り 6:00~21:00
 入浴料   200円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   川内3・19号 混合泉
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   52.1  ℃
 pH   9.2
 成分総計   0.2649 g/㎏
    Na=71.7/K=1.0/Ca=1.0/NH4=1.1(74.8㎎/㎏)
  F=1.2/Cl=2.0/SO4=6.7/HCO3=101.3/CO3=40.2/
  HS=6.1/S2O3=1.0(158.5㎎/㎏)
  H2SiO3=31.5(31.5㎎/㎏)
  CO2=0.1(0.1㎎/㎏)  
          
〔2005.06.30〕
 入浴履歴   初訪14.07.19
 評 価   ★★★★★★★
 川内高城温泉
共 同 湯
                          せんだいたきおんせん きょうどうゆ

1990年には、NPO法人 健康と温泉フォーラムが温泉療法医が薦め
る温泉として選定した“日本の名湯百選”の一つに認定され、2015年
5月15日には、実に30年振りに「高城の湯 山桜桃(ゆすら)」という温
泉宿が開業しました。

なお、温泉地の呼称については、古くは湯川内(ゆごうち)、その後、
湯ノ元温泉・高城温泉と呼ばれてきましたが、1965年に高城町が川内
市に編入された折に川内温泉と改められ、さらに1996年に現在の名に
改称されました。

右奥の源泉枡
から延びるコ
ック付きのパ
イプから共同
源泉の単純硫
黄泉が奥の浴
槽内で加えら
れており、仕
切り越しと仕
切りの左下端
に開けられた
孔を介して手
前の浴槽へ流
れ込むように
なっていまし
た。
脱衣所から2段下がった浴室は、壁
を角、床を亀甲形のモザイクタイル
で仕上げたレトロな造りで、仕切り
壁の左端にシャワーカラン1基、中
央に幅1.65m、奥行き1mずつの2槽
に仕切られた角モザイクタイル張り
の湯船が配されています。
そこから右奥へ向かって狭いコンク
リートの通路が延び、手前が女湯、
奥が男湯に分かれています。

浴場は脱衣所と浴室との間に低い目
隠しがあるだけの一体型の造りで、
最奥左手のサッシ戸を入ると正面に
簀子が縦に敷き並べられ、その右に
18庫の脱衣箱が設えられていました。
食事処を兼ねる商店を併設した木造
2階建て建物は、ノスタルジックな
温泉街に調和した渋い佇まい。
右隣の梅屋旅
館との間の路
地を入ると、
商店のすぐ裏
が浴場となっ
ていました。

開け放たれた
ガラス戸から
入場すると、
正面左手に竹
管を利用した
料金入れがぶ
ら下がってお
り、入浴料を
投入します。
『共同湯』は、市営駐車場に車
を停め、温泉街へ向かって県道
を160m余り下っていくと左手
に所在する、西郷隆盛が定宿と
していた正城畩助氏宅(現 双葉
旅館)の斜め向かいにあり、西
郷も好んで入浴していたとされ
る共同浴場です。
川内高城温泉は、九州新幹線ならびに肥薩おれんじ鉄道の川内駅から400mほど西進して川内駅交差点を右
に折れ、国道3号と県道湯之元佐目野線(340号)・東郷西方港線(339号)を経由して北北西方向へ約14.5㎞、
西流する湯田川とともに狭隘な山間を貫く県道に沿って8軒の湯宿(現在、2軒は立寄り湯のみ)と共同浴場・
商店などが軒を連ねる、前時代の湯治場の風情を色濃く留めた四方を山で囲まれた静かな温泉地です。

トップページへ



鹿児島県の温泉へ



湯加減は奥が少し熱め、手前が適温で、ほぼ無色透明の湯からは、芳
ばしい玉子臭味が感じられ、肌がつるつるしました。


四周の壁の一部が空色に彩られた浴場は、鄙びた雰囲気がとても味わ
い深く、床を流れ去る湯音のみが響く静謐の中、湯船の真ん中には決
して入らず、いつも隅の方で浸かっていたという西郷翁に想いを馳せ
ながら、憧れの共同浴場で独占浴を満喫させていただきました。
                          〔15.07.18〕
開湯の時期や由来は判然としませんが、鎌倉幕府の鎮西奉行が九州各国
に作成を命じ、1197(建久8)年に薩摩国で編纂された『建久図田帳』と
いう土地台帳にその名が記載されているという古湯で、第10代薩摩藩主
島津斉興の命によって1843(天保14)年に纏められた『三国名勝図会』に
も「温泉地頭舘亥方凡そ二里、麦之浦村湯田に温泉二カ所あり、その間
相距ること二町余にて、二カ所共に湯性灰汁気に硫黄気を兼ぬ、疝癪及
び筋骨の拘攣、湿気、上気等の諸痾を癒す神効あり、遐邇の浴客絶える
ことなし」と紹介され、明治時代初期には西郷隆盛が度々逗留し、温泉
に浸かりながら大好きな兎狩りや碁を楽しんでいたそうです。