住 所   鹿児島県薩摩川内市湯田町6483
  電 話   0996-28-0015
 営業時間   立寄り 6:00~21:00
 入浴料   300円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   川内3・19号 混合泉
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   52.1  ℃
 pH   9.2
 成分総計   0.2649 g/㎏
    Na=71.7/K=1.0/Ca=1.0/NH4=1.1(74.8㎎/㎏)
  F=1.2/Cl=2.0/SO4=6.7/HCO3=101.3/CO3=40.2/
  HS=6.1/S2O3=1.0(158.5㎎/㎏)
  H2SiO3=31.5(31.5㎎/㎏)
  CO2=0.1(0.1㎎/㎏)  
          
〔2005.06.30〕
 入浴履歴   初訪14.07.19
 評 価   ★★★★★★
 川内高城温泉
竹 屋 旅 館
                        せんだいたきおんせん たけやりょかん
鮮度良好な無
色透明の清澄
な湯からは、
玉子臭が仄か
に香り立ち、
口に含むと玉
子臭味と苦味
が感じられ、
肌がつるつる
しました。
脱衣所から2段分下がった位置にあるタイル張りの浴室は、左手前に水
カラン1基、中央に御影石で縁取り、1.1m弱×1.25mと1.45×1.25mの
前後2槽に仕切られた丸タイル張りの湯船が配されているだけの簡素な
造り。
湯口は右辺の奥にあり、パイプから共同源泉である単純硫黄泉が奥の浴
槽へドボドボと注がれ、仕切り越しと仕切り下端の両端に開けられた孔
から手前側の浴槽へ流れ込み、手前の縁から溢れ出しています。
男女別の浴場は、ホールから右へ
延びるピカピカに磨かれた板張り
の廊下の途中を左に折れ、階段を
11段下りた地下にあり、左右に並
ぶ入口のうち、左が男湯となって
います。

サッシ扉から一段低い脱衣所は人
工芝マット敷きで、左壁に12庫の
脱衣箱が設えられ、その左手前に
木製の腰掛けが備えられていまし
た。
『竹屋旅館』は、温泉街の下手、県
道が湯田川を渡河する手前右手に所
在する、1933(昭和8)年に創業され
た老舗の温泉旅館です。

両引きのガラス戸の玄関を入ると、
玄関ホールの正面に帳場があり、応
対に出て来られた女将さんに立寄り
入浴をお願いしたところ、快く応じ
て下さいました。
川内高城温泉は、九州新幹線ならびに肥薩おれんじ鉄道の川内駅から400mほど西進して川内駅交差点を右
に折れ、国道3号と県道湯之元佐目野線(340号)・東郷西方港線(339号)を経由して北北西方向へ約14.5㎞、
西流する湯田川とともに狭隘な山間を貫く県道に沿って8軒の湯宿(現在、2軒は立寄り湯のみ)と共同浴場・
商店などが軒を連ねる、前時代の湯治場の風情を色濃く留めた四方を山で囲まれた静かな温泉地です。

1990年には、NPO法人 健康と温泉フォーラムが温泉療法医が薦め
る温泉として選定した“日本の名湯百選”の一つに認定され、2015年
5月15日には、実に30年振りに「高城の湯 山桜桃(ゆすら)」という温
泉宿が開業しました。

なお、温泉地の呼称については、古くは湯川内(ゆごうち)、その後、
湯ノ元温泉・高城温泉と呼ばれてきましたが、1965年に高城町が川内
市に編入された折に川内温泉と改められ、さらに1996年に現在の名に
改称されました。

トップページへ



鹿児島県の温泉へ



湯治宿らしい静かな佇まいと女将さんの応対振りに好感しましたが、2013年10月10日にリニューアルオープ
ンした別館とその大浴場「川内岩風呂」に続き、訪問後にモダンに改装され、1階に新設された「温泉食堂」
が2015年2月からのプレオープンを経て、5月2日に正式にオープンしたとのこと。

再訪必至の湯宿です。                                 〔15.07.15〕
開湯の時期や由来は判然としませんが、鎌倉幕府の鎮西奉行が九州各国
に作成を命じ、1197(建久8)年に薩摩国で編纂された『建久図田帳』と
いう土地台帳にその名が記載されているという古湯で、第10代薩摩藩主
島津斉興の命によって1843(天保14)年に纏められた『三国名勝図会』に
も「温泉地頭舘亥方凡そ二里、麦之浦村湯田に温泉二カ所あり、その間
相距ること二町余にて、二カ所共に湯性灰汁気に硫黄気を兼ぬ、疝癪及
び筋骨の拘攣、湿気、上気等の諸痾を癒す神効あり、遐邇の浴客絶える
ことなし」と紹介され、明治時代初期には西郷隆盛が度々逗留し、温泉
に浸かりながら大好きな兎狩りや碁を楽しんでいたそうです。