住 所   長野県下高井郡山ノ内町平隠2195
  電 話   0269-33-2921 (渋温泉旅館組合)
 営業時間   地元住民・宿泊客(6:00~22:00)のみ入浴可
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   渋温泉総合源泉(荒井河原比良の湯・薬師の湯
             及びとんびの湯 混合)
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   57.7 ℃
 pH   4.0
 成分総計   1.204 g/㎏
    H=0.1/Li=0.4/Sr=0.4/Na=169.5/K=18.8/Ca=104.4/
  Mg=16.9/Al=8.4/Fe2=6.5/Zn=0.06/Mn=0.8(326.3㎎/㎏)
  F=1.3/I=0.3/Br=1.2/Cl=214.0/SO4=436.8/HSO3=1.47/
  H2PO4=0.8(676.1㎎/㎏)
  HAs02=0.5/H2Si03=145.1/HBO2=32.2(177.8㎎/㎏)
  C02=44.4(44.4㎎/㎏)             
〔2006.06.09〕
 入浴履歴   初訪08.04.19,最終10.08.14(2回目)
 評 価   ★★★★
 渋温泉
初  湯
                                しぶおんせん はつゆ
格子戸から出入りする浴室は、湯船
も含めてすべて木造りで、左奥に寄
せて2.1×1.3mほどの長方形の湯船
が配されています。

左手の樋状の湯口からトボトボと注
がれているのは、泉温が60℃近い高
温泉。
奥のパイプからうめ湯を足して湯温
調整を行うようになっていました。
湯船を満たした湯は灰褐色に淡く濁
り、硫酸塩泉特有の湯の香とともに
金気臭も感じられました。


小ぢんまりとした浴場だけに、入浴
客が多いと落ち着いて湯浴みを楽し
むという訳にはなかなかいきません
が、個性のある温泉と小さいながら
も風情を感じさせる浴場に好印象を
抱きました。     〔10.08.16〕
続く江戸時代には、1676(延宝4)年の3代真田幸道の入湯を嚆矢と
して歴代の松代藩主も利用するようになり、葛飾北斎や小林一茶
・佐久間象山といった文人墨客も訪れています。
また、この時代、新しい泉源も次々と発見され、現在では泉源37
か所、1分あたりの湧出量は3100ℓに達しています。

温泉街に点在する9か所の外湯は、2006年から立寄り入浴が可能
となった渋大湯を除き、地元住民以外では基本的に宿泊客だけが
利用可能となっています。
宿泊客はそれぞれの宿で鍵を借り、350円で購入した巡浴手拭い
に各浴場で朱印を押し、最後に大湯の向かいの高台にある行基ゆ
かりの渋高薬師で印受すると満願成就。九(苦)労を流し、厄除に
なるとされており、手拭い片手に外湯を巡り歩く浴衣姿の宿泊客
でいつも大変賑わっています。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。

渋温泉は、国道292号(志賀草津道路)の佐野角間I.Cから県道宮村湯田中停車場線(342号)で星川橋を渡り、
横湯川の右岸(北岸)を東へ0.9㎞余り、石畳の緩い坂道沿いを中心に32軒を数える中小規模の温泉宿と外湯
(共同浴場)のほか、飲食店や商店・遊技場などが建ち並ぶ、とても情緒のある温泉地です。

奈良時代の神亀年間(724~729)、東国巡錫の折にこの地を訪れた行基によって発見されたと伝えられ、戦国
時代にはいわゆる“信玄の隠し湯”の一つとして、武田信玄から厚い保護を受けました。

トップページへ



長野県の温泉へ



浴舎は外壁が灰色をしたコンクリー
ト造りで、中央で隣り合う2つの格
子扉の右側が男湯の入口となってい
ました。

中に入るとすぐ横が板張りの脱衣所。
奥には9庫の脱衣箱が備えられ、そ
の手前には腰掛けが置かれていまし
た。
厄除巡浴を行う外湯は、一番から九番(結願)湯が反時計回りに分布しており、一番湯である『初湯』は、九
番湯の渋大湯から石畳の坂を西へ80mほど下ると右手に所在しています。

行基が最初に発見した湯で、托鉢の鉢を洗ったことから“鉢湯”と呼ばれていたものがいつしか転じて現在
の名となり、胃腸に効くことから別名“胃腸の湯”とも呼ばれているそうです。