住 所   岐阜県高山市高根町池ヶ洞
  電 話   
 営業時間   2015.07 閉鎖
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   塩沢温泉
  泉 質   含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム- 炭酸水素
  塩泉
 湧出量      ℓ/min
 泉 温   41.5 ℃
 pH   6.5
 成分総計       g/㎏
 





 入浴履歴   初訪08.09.06
 評 価   ★★★★★★★
 塩沢温泉
湯元山荘 露天風呂
                 しおざわおんせん ゆもとさんそう ろてんぶろ
底は緩やかに傾斜しているものの、
場所によって大変滑りやすく、析出
物のために所々ゴツゴツしています。

この湯船をたっぷりと満たしている
のは、透明度30㎝ほどの淡い黄土色
の濁り湯。
湯船の中では成分臭がほんのり香る
程度ですが、湯口付近では金気臭と
炭酸味がしっかりと感じられます。
対岸の泉源からパイプと鋼管を
利用して注がれている新鮮な湯
は、湯船内では35℃を少し超え
た程度の長湯には最適な湯温と
なっています。

訪れたのは、下界ではまだまだ
残暑厳しい9月の初旬。
暑い季節にはこの上ない極上の
ぬる湯で、このままずっと浸か
り続けていたいという気持ちに
なりました。
内外表面を黄褐色の析出物が覆っているために判然としませんが、結構広々
とした湯船は、自然の岩盤を穿ってモルタルで補強したものと思われます。
渓流に架かる木組みの橋を渡ると、
正面に山荘であった木造建物が現わ
れ、そこから右手にある石段をUタ
ーンするように下りていくと、湯船
の横に辿り着きます。

傍らにある巨岩の横には、洗面器と
ともに清掃用具が置かれており、い
つも湯船を清掃・管理していただい
ているという高根町地区の老人会の
方々に対して、感謝の気持ちが湧い
てきます。
塩沢温泉は、国道41号の無数河交差点から県道久々野朝日線(87号)と国道361号(木曾街道)を経由して約28
㎞、2005年2月1日に高山市と合併した旧大野郡高根村の山中に湧く温泉です。
現在では七峰館という旅館のみと
なってしまいましたが、かつては
塩蔵橋の手前を左に折れ、飛騨川
に注ぐ塩蔵川に沿って山道を1.9
㎞ほど上ったところに湯元山荘と
いう宿がありました。

川の対岸には、山荘が所有してい
た混浴露天風呂が残存しており、
現在は“子ノ原会”という塩沢温
泉愛好会有志によって管理、無料
開放されています。

トップページへ



岐阜県の温泉へ



何よりも気に入ったのが、“クマ出没注意”の注意書きも納得できる、まさに深山幽谷といったロケーショ
ン。
人工っぽさをほとんど感じさせない湯船も相まって、これまでに入湯した中では最も好感した露天風呂とな
りました。                                      〔10.10.16〕