住 所   和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1665
  電 話   0739-43-0686
 営業時間   7:00~22:00 (休=火)
 入浴料   420円
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   行幸源泉/ 礦湯2号
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉/ 含硫黄-ナトリウム-塩化物
  泉
 湧出量      /177  ℓ/min
 泉 温   78.0/75.5 ℃
 pH   7.9/6.6
 成分総計   11.88/18.026 g/㎏
    H=<0.1/Na=3390/K=167.0/Ca=91.0/Mg=226.4/Al=0.1/
  Fe2=0.1/Mn=0.6(3875㎎/㎏)
  F=3.5/Cl=4396/SO4=451.5/HCO3=1834/CO3=157.6/
  OH=<0.1/HS=0.2/S2O3=1.1/BO2=<0.1/HSiO3=<0.1
  (7254㎎/㎏)
  H2SiO3=110.9/HBO2=49.8(160.7㎎/㎏)
  CO2=<0.1/H2S=0.3(0.3㎎/㎏)
     
〔2014.02.26〕

  Na=5038/K=216.9/Ca=133.2/Mg=556.4/Fe2=1.1/Zn=/
  Mn=1.2(5947㎎/㎏)
  F=3.1/Cl=8504/SO4=1105/HCO3=1539/CO3=203.5/
  HS=0.3/S2O3=1.0(11360㎎/㎏)
  H2Si03=74.0(74.0㎎/㎏)
  C02=648.5/H2S=0.8(649.3㎎/㎏)     〔1992.07.23〕
 入浴履歴   初訪07.01.08,最終08.06.21(4回目)
 評 価   ★★★★
 白浜温泉
牟 婁 の 湯
                         しらはまおんせん むろのゆ
私的には浴舎の風情と浴室からの眺
望に優れた白良湯が好みですが、重
厚で静かな佇まいに加え、2種類の
源泉が堪能できるこちらも悪くあり
ません。

白浜を訪れた際には必ず立寄りたい、
そのような気持ちを抱かされる素晴
らしい浴場です。
 〔09.12.25,11.09.03 記事補訂・
  画像追加〕
行幸湯 泉源
礦湯 泉源
平石張りの浴室には、左手と右手前にカランが並び、正面の
奥に2槽に分かれた石造りの湯船が配されています。
左のやや浅い湯船には崎の湯の入口付近で湧く“行幸(みゆ
き)湯”、右の深めの湯船には白良浜寄りの地区北端に泉源
がある“礦(まぶ)湯”が、それぞれたっぷりと掛け流されて
いました。

湯温は行幸湯は適温、礦湯は少し熱め。
わずかに褐色掛かった礦湯では、塵のような褐色の湯の華が
見られ、ハッカに似た清涼感のある淡い香りと塩苦味が感じ
られたものの、自動温度調整機による加水の影響か、泉源で
漂っていた硫黄泉らしい香りは残念ながら感じられません。
むしろ、消しゴム滓のような半透明の湯の華が舞う行幸湯の
方が、湯口付近で硫黄臭がはっきり香り、口に含んでみると
薄塩味の玉子スープのような味がしました。
日本書記にも記された歴史ある名を受け継いでいるのが、白良浜から崎
の湯へ向かう途中、県道白浜温泉線(34号)の右手にある町営の公衆浴場、
『牟婁の湯』です。

浴舎は鉄筋コンクリート造りの四角い形をしており、入口の上に掲げら
れた“牟婁の湯”と彫られた石製の巨大な扁額ともども風格を感じます。
中に入ると正面にカウンター式の番台があり、券売機で購入した入浴券
を手渡して浴場へ向かいます。
脱衣所には鍵付きの木製ロッカーが備えられていますが、白浜温泉を代
表する外湯にしてはいささか手狭で、入浴客が集中した時などは身動き
がとり辛いかもしれません。
中でも湯崎温泉は、『日本書紀』の斉明天皇条に「牟婁の温湯」「紀の
温湯」として登場し、兵庫県有馬温泉・愛媛県道後温泉と並んで“日本
三古泉”の一つとして数えられています。
また、明治時代の初期には、礦湯・浜の湯・元の湯・疝気湯・阿波湯・
屋形湯・崎の湯という7か所の湯が知られ、“湯崎七湯”と称されてい
ました。

長らく湯崎(鉛山)地区のみに限られていた温泉地が大きく拡大、発展し
たのは、開発会社によるボーリングで各地区に新たな温泉地が誕生し始
めた1920年代以降。
昭和に入ると製塩事業の熱源として高温源泉が盛んに掘削され、1941年
には1分間の湧出量が13000ℓに達していたそうです。
白浜温泉は、阪和自動車道の南紀田辺I.Cから国道42号田辺バイパスと県道南紀白浜空港線(33号)・田辺白
浜線(31号)経由で14㎞余り、太平洋を望む田辺湾から鉛山湾の沿岸に70軒余りのホテル・旅館・民宿・ペン
ション・保養所などが点在する、古賀浦・大浦・湯崎など5つの温泉地からなる温泉郷です。

トップページへ



和歌山県の温泉へ