本格的な湯めぐりの開始と同時に、入湯した温泉に関する情報や感想、
評価を記録してまいりました。
このうち、評価については、とにかく温泉が利用されていれば60点、そ
れ以上は100点までの5点刻みにしています。

このサイトでは、運営者である私、単純硫黄泉が実際に入湯した温泉の
中から、75点以上の評価を与えた温泉施設を紹介しています。
運営者の備忘録も兼ねているため、紹介した温泉施設の中にはすでに閉
鎖されてしまったものや休業中のものも含まれています。

あらかじめお断りするまでもなく、掲載した感想や評価はあくまでも運
営者の視点や好みに基づく個人的なものですが、評価のうえで最も重視
しているのは温泉の利用状況と浴感で、これに泉質や施設・浴場の佇ま
い、温泉地の風情や歴史といった要素を加味しています。
そのため、紹介した75点以上の温泉施設では、一部で放流循環併用式が
採用されているものの、加水・加温を問わなければ、その大半は完全放
流式を採っています。

なお、各施設の評価欄に示した星印は、
20点、 5点。
満点である100点は、
★★★★★ で示しています。


また、同時に掲載しております各温泉施設に関する情報は、基本的に運営者が訪問した時点のものです。
可能な限り情報の改定は行っていきますが、各温泉施設を利用される際には、ご自身でご確認いただきま
すよう、お願い申し上げます。


最後に、当サイトのすべてにおいて、著作権は運営者が保有します。
掲載した文章・写真の無断掲載・利用は、固く禁止します。

    P r o f i l e    

名 前(ハンドル) ・・・・・ 単純硫黄泉

性 別        ・・・・・ 男性

生息地       ・・・・・ 大阪府 南部

好きな温泉地   ・・・・・ 草津温泉(群馬)/渋・湯田中温泉郷(長野)
               十津川温泉郷(奈良)/湯の峰温泉(和歌山)
               真賀温泉(岡山)/温泉津温泉・有福温泉(島根)
               別府温泉(大分)…など

温泉に足を運ぶようになったのは、20世紀最後の年である2000年からで
す。
当初はただ単に日頃の疲れを癒すため、月に1〜2度、主として自宅に近
い大阪南部や奈良県にある日帰り入浴施設を巡っていました。

    S i t e    

2005年秋、徐々に変化の兆しを見せ始めていた湯めぐりに大きな影響を与えることとなる衝撃的な出会い
がありました。
和歌山県の本宮温泉郷の一つ、湯の峰温泉です。

湯の谷川の狭小な谷間に濃厚な硫黄臭が漂い、両岸に数軒の温泉宿がひっそりと建ち並ぶ様は風情たっぷ
りで、中でも川の岩床から湧く世界遺産『つぼ湯』の青み掛かった乳白色の湯には、大いに魅了されまし
た。


以来、温泉そのもの、特にその利用状況にこだわって、毎週のように各地の温泉施設を訪れています。

トップページへ