住 所   大分県別府市竹の内1組-2
  電 話   
 営業時間   
 入浴料   組合員専用
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   
  泉 質   
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計         g/㎏
 




 入浴履歴   初訪10.04.03
 評 価   ★★★★
 
今 井 温 泉
                                     いまいおんせん
外壁が肌色をした箱形の浴舎はコ
ンクリート造りの平屋建てで、中
央のアルミサッシのガラス戸を入
ると、左右に向かい合う形で浴場
の入口があり、正面には2体の薬
師如来が祀られています。

浴場は手前に脱衣所、その左奥に
浴室が続く一体型の造りで、簀子
敷きの脱衣所には、右側に12庫の
脱衣箱が設えられ、正面には木製
のベンチが備えられていました。
別府温泉郷は、伽藍岳(硫黄山・1045.3m)と鶴見岳(1374.5m)という2つの活火山の東麓に湧く、わが国を
代表する温泉地です。

温泉郷内には、“別府八湯”と総称される別府・亀川・柴石・鉄輪・明礬・堀田・観海寺・浜脇という個性
豊かな8か所の温泉地が点在し、掲示用新泉質名として大別される10の泉質のうち、7種類の湯を楽しむこと
ができます。
泉源の数は別府市内で2292孔、湧出量は毎分87636ℓ(『平成29年度 東部保健所報』より)を数え、“泉都”
の名に相応しい日本一の豊富な湯量を誇っています。
小ぢんまりした浴室は淡い水色のタイル張りで、中央には2.0×1.45m
ほどの隅丸長方形を呈した水色タイル張り湯船が奥壁に寄せて配され、
あとはその左横に源泉枡が設けられているのみという、別府の共同浴場
らしい簡素な造りです。

トップページへ



大分県の温泉へ



『今井温泉』は、亀の井バスの本坊
主停留所で降車し、国道500号から
朝日中学校の南側の坂道を下り、南
へ向かうこと約550m、春木川右岸
の竹の内地区にポツンと所在してい
る市有区営の共同浴場です。
かつては外来入浴も可能でしたが、
夜間に大騒ぎしたり、備品の破壊や
賽銭泥棒といった犯罪も重なったた
め、残念ながら2006年にジモ泉化。
今回は、区営・一般温泉の無料開放
日に利用させていただきました。
壁は汚れ、床や湯船のタイルもかなりの部分が剥離するなど老朽化が目立つ浴場ですが、まるで時間が停ま
ってしまったかのような錯覚を覚えるほどの静けさの中、普段は入湯することのできない地元湯をじっくり
と堪能することができ、満足感いっぱいの湯浴みとなりました。              〔12.02.27〕
泉質などの詳細は不明で
すが、源泉枡から浴槽内
左奥側面の湯口を介して
掛け流されている無色透
明のやや熱めの湯からは、
しっかりした芒硝臭と渋
味・苦味が感じられ、肌
の表面がビリビリするよ
うな独特の感覚もありま
した。