住 所   熊本県阿蘇郡小国町西里岳湯2798-2
  電 話   0967-46-4533
 営業時間   8:00~18:30
 入浴料   300円 (50分)
温泉利用状況   完全放流式 (加水あり)
   
 源 泉 名   
  泉 質   単純硫黄泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
 





 入浴履歴   初訪12.04.30
 評 価   ★★★★
 岳の湯温泉
岳の湯露天風呂
                      たけのゆおんせん たけのゆろてんぶろ
浴室には左手前にカラン一対、その奥に3.5m強×1.5mの縦長のコンク
リート湯船が配され、浅めに造られた幅0.9mほどの手前側では、寝湯
が楽しめるようになっています。
『岳の湯露天風呂』は、桶蓋山の登山道との分れ道を直進し、岳湯集落に入るとすぐ右側、産交バスの岳の
湯バス停前にある「蒸鶏工房 白地商店」が所有・管理している貸切の露天風呂です。
岳の湯温泉は、国道387号から広域農道 ファームロードWaitaを経て
東へ3㎞余り、大分・熊本両県にまたがって秀麗な円錐形の山容を見
せ、“小国富士”とも称される桶蓋山(1499.5m)の登山口付近に所在
する温泉地で、桶蓋山の北西から西麓にかけて点在する麻生釣・鈴ヶ
谷・地獄谷・はげの湯・山川・日平の各温泉とともに「わいた温泉郷」
と総称されています。

山間に営まれた小さな集落では、至る所から白い湯けむりが濛々と立
ち上り、“蒸気の里”とも呼ばれています。
この蒸気を利用した地獄釜で地鶏や野菜・卵・饅頭などを蒸した地獄
蒸しが名物として人気を呼んでおり、わいた温泉組合が運営する「総
合交流促進センター たけの湯温泉館 湯けむり茶屋」では、日帰り入
浴のほかに地獄駕籠蒸し料理を楽しむことができます。

トップページへ



熊本県の温泉へ



改装前と比べると、浴場の造りはいささか趣と開放感に欠けるものの、“蒸気の里”の名に相応しく白い湯
けむりが立ち込めたのどかな集落を見下ろしながら、じっくりと湯浴みを楽しませていただきました。
                                           〔13.03.11〕
左手前の湯口からトボト
ボと加えられている源泉
は少し熱めですが、湯船
に満たされた無色透明の
湯は適温からややぬるめ
といった湯加減で、ほぼ
無味無臭ながら柔らかい
肌当たりが印象に残りま
した。
初入湯となった今回、利用させて
いただいたのは椿の湯。

お借りした鍵で南京錠を開けて中
に入ると、内部はコンクリート打
ちっ放しで、壁と天井を波板で仕
上げた仮設風。
扉を開けたすぐ正面の脱衣スペー
スには、簡素な木造りの棚が設え
られていました。
以前はゆったりした石造りの円形露天風呂が1か所設けられているのみで
したが、2010年に老朽化のために改築され、入口と書かれた板塀の背後の
石段を上り切って左へ折れると、手前に“桜の湯”、奥に“椿の湯”とい
う2か所の浴場が新設されていました。
浴場は裏山の中腹にあり、商店で
入浴を申し出て鍵をお借りし、バ
ス停の前から地面のあちらこちら
で立ち上る湯けむりや鄙びたジモ
泉の共同浴場を横目に坂道を50m
ほど上っていくと、板塀で画され
た浴場が見えてきます。