住 所   群馬県利根郡みなかみ町後閑2265
  電 話   0278-62-1022
 営業時間   3~10月 10:00~20:00 / 11~2月 10:00~19:00
               (休=第3水・12/30~1/1)
 入浴料   360円 (2時間以内)
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   三峰の湯
  泉 質   単純温泉(アルカリ性)
 湧出量   211  ℓ/min
 泉 温   47.7  ℃
 pH   9.0
 成分総計   0.33   g/㎏
    Na=98.6/K=1.07/Ca=3.73/Mg=0.03/Al=<0.05/Fe2=0.02/
  Mn=<0.005(103㎎/㎏)
  F=1.4/Br=0.2/Cl=80.4/SO4=16.8/HCO3=73.3/
  CO3=18.0/OH=0.2(190㎎/㎏)
  H2SiO3=35.4/HBO2=3.7(39.1㎎/㎏)   〔2012.07.25〕
 入浴履歴   初訪15.09.19
 評 価   ★★★★
 月夜野温泉
みなかみ町営温泉センター 三峰の湯
                       つきよのおんせん みつみねのゆ
月夜野温泉は、みなかみ町の南東の郊外、三峰山の南西麓に湯けむりを上げる「みねの湯 つきよの館」とい
う一軒宿と日帰り入浴施設1か所からなる小さな温泉地で、“みなかみ18湯”と呼ばれる水上温泉郷の一つに
数えられています。
浴場は右手へ延びる通路の左側に
あり、手前が男、奥が女湯に分か
れています。

脱衣所は右側手前に2基の洗面台、
左に30個のプラスチック籠を納め
た6段の棚があるだけの簡素な造
りで、右壁の前と脱衣棚の奥に木
造りの腰掛け2脚とパイプ椅子が
備えられていました。
『みなかみ町営温泉センター 三峰
の湯』は、県道沼田水上線(61号)の
上入交差点から広域農道 利根沼田
望郷ラインを3.9㎞ほど北上し、案
内板にしたがって左へ逸れて100m
余り上っていくと左手に所在する、
旧月夜野町が1991年に創設した温泉
センターです。
森の中にひっそりと佇む浴舎はプレ
ハブ造りの平屋建てで、中へ入ると
すぐ左に受付があり、入浴料を直接
手渡します。

トップページへ



群馬県の温泉へ



内湯の湯口では弱い硫黄臭、露天では浸かった瞬間に石鹸のような
香りが感じられ、ガスっぽい湯の香が漂う湯に浸かると肌がつるつ
るしました。


真昼時にもかかわらず、連休初日の土曜日ということもあって入浴
客が次々に訪れ、浴場内は大賑わい。
完全掛け流しのつるつる湯と仮設っぽい造りの浴場に拾いものをし
たような気持ちを抱かされた一湯でした。      〔16.08.11〕
さらに、湯船左横に後から付け加えられたようなタイル張り
の通路を伝ってガラス窓から外へ出ると、屋根掛けされた下
に幅3.4m、奥行き1.2mの鉤形を呈した平石張りの露天風呂
が併設されています。

岩礫を固めて設えられた湯口から両湯船にたっぷりと供され
ているのは、独自源泉のアルカリ性単純温泉。
淡褐色の湯の華が少量舞う無色透明の湯は、内湯では少し熱
め、露天では適温の湯加減となっていましたが、後者には虻
が盛んに飛び回り、落ち着いて湯浴みを楽しむことができま
せん。
浴場はその奥に建つ別棟にあり、脱衣所の右奥のガラスサッ
シ戸を一旦出て、正面のサッシ戸から改めて入場するように
なっています。
ガラス窓となっている前
面を除く壁面に塩ビの波
板が用いられている浴室
は平石張りで、左手前に
プッシュ式の温冷カラン
3対が並び、ガラス窓の
前に幅3.5m弱、奥行き
1.2mほどの五角形を呈
した石造りの湯船が配さ
れていました。