住 所   和歌山県橋本市北宿5
  電 話   0736-32-8000
 営業時間   11:00~21:00 (休=火~木,祝日・GW・夏季・
           年末年始は営業)
 入浴料   610円
温泉利用状況   完全放流式 (加温あり・塩素系薬剤 使用)
   
 源 泉 名   やどり玉川峡温泉
  泉 質   ナトリウム-塩化物泉
 湧出量   92   ℓ/min
 泉 温   30.4  ℃
 pH   8.5
 成分総計   2.1617 g/㎏
    Li=4.9/Sr=3.9/Na=737.3/K=14.1/Ca=11.0/Mg=0.4/
  NH4=3.0/Ba=0.9(775.5㎎/㎏)
  F=8.1/Br=3.3/Cl=976.0/SO4=2.8/HCO3=314.6/
  CO3=7.5/OH=0.1(1312.4㎎/㎏)
  H2SiO3=23.2/HBO2=48.9(72.1㎎/㎏)
  CO2=1.7(1.7㎎/㎏)     
        
〔2007.09.13〕
 入浴履歴   初訪12.11.13
 評 価   ★★★★★★
 やどり温泉
い や し の 湯
                               やどりおんせん いやしのゆ
浴場は毎週金曜日に男女が入れ替わ
り、訪問時は廊下の突き当たりが女
湯、右手前が男湯となっていました。

脱衣所は籐タイル張りで、左奥の浴
室入口を挟んで手前に100円返却式
ロッカー10庫、奥に洗面ボウル4基
のパウダーコーナーが設けられ、パ
ウダーコーナーの右手前には3段棚
と14個の籠が備えられていました。
やどり温泉『いやしの湯』は、国道
370号の向副交差点から国道371号で
高野山へ向かうことおよそ10.8㎞、
1972年に開設され、老朽化した「や
どり青少年旅行村」を建替えて2012
年3月2日にリニューアルオープンし
た、ケービックス㈱大阪支社が指定
管理者として管理運営する宿泊施設
も備えた公設民営の入浴施設です。

トップページへ



和歌山県の温泉へ



目隠しに遮られているため、湯浴みをしながら玉川峡を彩る鮮やかな紅葉を愛でることができなかったのは
残念でしたが、湯船に浸かるたびに溢れ出す掛け流しの湯はやはり心地良く、滞在時間の大半を露天で過ご
させていただきました。                                〔13.10.11〕
無色透明の内
湯に対し、露
天風呂に湛え
られたうっす
ら黄色掛かっ
た湯からは、
薄塩味も感知
され、つるつ
るした肌触り
を楽しむこと
ができました。
内湯は床と壁下半が御影石の石板張りで、右壁にはパーテー
ションで区切られ、両側に手すりが付設されたシャワーカラ
ン6基と水カラン1基が並び、対する左側には3.0m強×1.85
mほどの御影石造りの湯船が配されています。
一方、その奥の透明ガラス戸から出入りする屋外には、保健
所の指導によって前面を擬竹の垣で目隠しされた露天エリア
があり、右手にはやはり御影石で造られた径1.5mほどの円
形風呂が設けられていました。

内湯では42℃弱、露天では43℃強に加温されて供されている
のは、2008年に再掘削されたという地下1300mから湧出して
いる泉温30℃強の食塩泉。
内湯は槽内注入・循環濾過、露天は放流式という湯使いで、
いずれも塩素系薬剤が使用されているものの、営業開始直後
に訪問したおかげか、ともに塩素臭は気にならず、湯に浸か
った瞬間には石鹸のような湯の香が感じられました。
北流して紀の川に注ぐ丹生川中流
の玉川峡に臨んで建つ真新しい建
物は、鉄筋コンクリート造りの2
階建て。

左手前の階段を上ってガラス張り
の玄関を入り、券売機で購入した
入浴券を受付で手渡し、食事処の
横を抜けて突き当たりを左へ折れ
た先にある浴場へ向かいます。