住 所   群馬県吾妻郡長野原町横壁
  電 話   
 営業時間   2009.11.23 閉鎖
 入浴料   300円
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   横壁温泉 白岩の湯
  泉 質   ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温        ℃
 pH   
 成分総計        g/㎏
 





 入浴履歴   初訪09.09.19
 評 価   ★★★★
 横壁温泉
白 岩 の 湯 (旧浴場)
                        よこかべおんせん しろいわのゆ
2009年8月の衆議院議員選挙の際に民主党のマニフェストに建設中止が掲げられ、政権交代の象徴として一
躍注目を浴びた八ッ場ダムは、利根川流域の治水と利水を目的として、1952年に支流である吾妻川中流域の
長野原町に建設が計画された重力式コンクリートダムです。

6500万㎥の容量調整が可能なこのダムが完成すると、その上流に位置する川原畑・川原湯地区のすべて、横
壁・林・長野原地区の一部がダム湖に水没するため、当該地区の集落については、より高所の代替地に居住
地を垂直移転する“ずり上がり方式”という現地再建策が採られています。
また、地域住民のために温泉掘削も行われ、東吾妻町と長野原町の4地区で共同浴場が開設されました。
脱衣所とはガラス戸で画された浴室は、板壁の下から床にかけて淡い水
色タイルを部分的に張り、左奥に1.85×1.4mほどの白いポリバスを配
しただけの簡素な造り。奥壁に埋め込まれたパイプ湯口からは、少し熱
めの源泉がトボトボと注がれています。
浴舎は予備知識がなければ浴場とは気が付かない
ような切妻造りの小さな平屋建物で、前面には板
塀で目隠しされた庇が付され、向かって右側面の
扉から出入りするようになっています。

男女別となったサッシ戸の入口を入ると、すぐ目
の前が板張りの脱衣所となっており、左手に設え
られた3段の棚には、7個のプラスチック籠ととも
に地区外の利用者が入浴料を納める料金箱が備え
られていました。

トップページへ



群馬県の温泉へ



無色透明の湯からは、弱い
油臭と薄塩味・渋味が感じ
られ、泡付きによるつるり
感も楽しめます。
先客が加水調節されていた
のか、湯温は少しぬるめ。
そのお陰で、住民の方と語
らいながらじっくりと満喫
することができました。

なお、この浴場は工事のた
めに2009年秋に閉鎖され、
2010年1月からは新たな仮
設浴場が利用されているそ
うです。   〔11.04.21〕
『白岩の湯』は、長野原町横壁地区
の地域振興を図るために建設計画中
の温泉施設の仮施設として設置され
た共同浴場で、国道406号から吾妻
川の右岸に沿って東へ約1.4㎞、車1
台が通行するのが精一杯の細道を通
り、建設会社の敷地を抜けた突き当
たりのとても分かりにくい場所に所
在していました。