住 所   長野県下高井郡山ノ内町平穏
  電 話   
 営業時間   基本的に地元組合員と各組合所属宿泊施設の
  宿泊客のみ入浴可
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   共益会12号ボーリング
  泉 質   ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   93.5 ℃
 pH   8.46
 成分総計   1.8694 g/㎏
    Na=496.1/K=55.8/Ca=67.4/Mg=0.3(619.6㎎/㎏)
  F=1.7/I=0.7/Br=1.1/Cl=780.2/SO4=188.4/HCO3=12.6/
  CO3=26.0/HS=1.2/HPO4=0.7(1012.7㎎/㎏)
  HAs02=2.6/H2Si03=139.4/HBO2=95.0(237.0㎎/㎏)
  H2S=0.1(0.1㎎/㎏)        
     
〔2002.08.06〕
 入浴履歴   初訪08.07.26
 評 価   ★★★★
 湯田中温泉
千 代 の 湯
                          ゆだなかおんせん ちよのゆ
利用されているのは、共同源泉である共益会12号ボーリング。
左手前にブロックのような小さい枡があり、パイプから一旦この枡に源
泉を溜め、そこから溢れ出した湯が湯船に注がれるようになっていまし
た。

そのおかげでしょうか、芒硝臭がほんのり香り、塵のような細かい湯の
華が多く舞う無色透明の湯は、意外なことにややぬるめとなっており、
今回の湯田中温泉外湯めぐりの〆の湯として、存分に楽しませていただ
きました。                      〔10.09.16〕
浴場は脱衣所と浴室がガラス戸で
画された分離型で、脱衣所は近年
手が加えられたのか、板張りの壁
や床はピカピカでした。

浴室は壁こそ淡いピンク色のタイ
ル張りですが、床は全面に板が張
られ、左奥に寄せて配された2.25
×1.5mほどの長方形の湯船も木
で造られていました。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。
湯田中温泉は、渋温泉と並んで温泉郷の代表格と言える温泉地で、夜間瀬川右岸の河岸段丘上に12軒の湯宿
や共同浴場9か所からなる温泉街が形成されています。

天智天皇の時代(668~672)、僧智由によって発見され、「養遐齢(ようかれい)」と名付けられた古湯で、温
泉鎮護のため、智由は湧出地の東方に弥勒石仏を建立したそうです。
江戸時代には草津街道の宿場町として栄えるとともに、松代藩主真田氏の本陣も置かれ、歴代藩主が湯治を
行っていたとのことです。
また、晩年、この湯を愛した俳人の小林一茶は、『田中河原の記』に「田のくろ、あるは石の蔭より、めで
たき湯のふくふくと出て、ただいたずらに流れちりぬ」と記し、
   “雪散るや 湧き捨ててある 湯のけぶり”  という句を残しています。

湯田中という温泉名は、田の中からこんこんと湧き出す湯というところから命名されたようです。

トップページへ



長野県の温泉へ



『千代の湯』は、長野電鉄の湯田中駅前から南東へ延びる2本の通りの
うち、角にコンビニのある南側の筋を420m余り上った左手、この通り
に所在する3か所の共同湯の中では最も手前に位置する浴場です。

正面を横方向、側面を縦方向に白いサイディングを張った、段違いの片
流れ屋根が載った浴舎は、その存在に気が付かずに前を通過してしまっ
たほど、周辺の住宅の中に溶け込んでいました。
なお、湯田中温泉の共同浴場は、基本的に地元組合員専用で、宿泊客は
大湯と宿が所属する組合の浴場のみ入浴可能となっていますが、大湯と
一部の浴場は、毎月26日の“風呂の日”に無料開放(9:00~15:00)され
ており、表に「外湯開放中」という赤紫色のペナントが掛かっていれば、
誰でも無料で入浴できます。