住 所   長野県下高井郡山ノ内町平穏
  電 話   
 営業時間   基本的に地元組合員と各組合所属宿泊施設の
  宿泊客のみ入浴可
 入浴料   無料
温泉利用状況   完全放流式
   
 源 泉 名   共益会12号ボーリング
  泉 質   ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
 湧出量       ℓ/min
 泉 温   93.5 ℃
 pH   8.46
 成分総計   1.8694 g/㎏
    Na=496.1/K=55.8/Ca=67.4/Mg=0.3(619.6㎎/㎏)
  F=1.7/I=0.7/Br=1.1/Cl=780.2/SO4=188.4/HCO3=12.6/
  CO3=26.0/HS=1.2/HPO4=0.7(1012.7㎎/㎏)
  HAs02=2.6/H2Si03=139.4/HBO2=95.0(237.0㎎/㎏)
  H2S=0.1(0.1㎎/㎏)        
     
〔2002.08.06〕
 入浴履歴   初訪08.07.26
 評 価   ★★★★
 湯田中温泉
鷲 の 湯
                           ゆだなかおんせん わしのゆ
利用されているのは、綿の湯と同じ共同源泉の共益会12号ボーリング。
無色透明の湯からは芒硝臭が香り、かなり高めの湯温ながらさっぱりとした浴感
が印象に残りました。


訪れた時には、先客として地元の方が1名。入浴を終える際に、湯口の横の水カ
ランで十分加水するよう勧めていただきました。
共同浴場を利用させていただく楽しみの一つが、このような地元の方とのちょっ
とした触れ合い。
その点でも、とても好印象が残りました。〔10.09.14,13.04.07 画像一部追加〕
『鷲の湯』は、長野電鉄の湯田中駅前から南東へ延びる2本の通りの
うち、北側の筋を230mほど上ると左手に所在する共同浴場です。

浴舎は湯気抜きを備えたコンクリート造り。
通りに面した正面に入口を設ける浴場が多い中で、大湯と同様に東西
の両側面に入口の扉があり、向かって左側の女湯には、その後ろに洗
濯場が付設されています。
なお、湯田中温泉の共同浴場は、基本的に地元組合員専用で、宿泊客
は大湯と宿が所属する組合の浴場のみ入浴可能となっていますが、大
湯と一部の浴場は、毎月26日の“風呂の日”に無料開放(9:00~15:00)
されており、表に「外湯開放中」という赤紫色のペナントが掛かって
いれば、誰でも無料で入浴できます。
湯田中渋温泉郷は、下高井郡山ノ内町を流れる横湯川・夜間瀬川とこれに注ぐ角間川の流域に点在する、新
湯田中・湯田中・星川・穂波・安代・渋・角間・上林・地獄谷という9か所の温泉地の総称です。
浴場の内部は、大湯や綿の湯のよ
うな一体型の造りではなく、脱衣
所と浴室との間はガラス扉で画さ
れており、手前にある簀子敷きの
脱衣所には、7個の脱衣箱が設え
られています。

浴室は仕切り壁と天井以外はすべ
てタイル張り。
中央には、手前側の角を落とした
2.75×1.35mほどの長方形のタイ
ル張り湯船が奥壁に一短辺を寄せ
て配され、奥壁の真ん中にある樋
を立てたような湯口からは、源泉
がトボトボと掛け流されていまし
た。

トップページへ



長野県の温泉へ



天智天皇の時代(668~672)、僧智由によって発見され、「養遐齢
(ようかれい)」と名付けられた古湯で、温泉鎮護のため、智由は湧
出地の東方に弥勒石仏を建立したそうです。
江戸時代には草津街道の宿場町として栄えるとともに、松代藩主真
田氏の本陣も置かれ、歴代藩主が湯治を行っていたとのことです。
また、晩年、この湯を愛した俳人の小林一茶は、『田中河原の記』
に「田のくろ、あるは石の蔭より、めでたき湯のふくふくと出て、
ただいたずらに流れちりぬ」と記し、
   “雪散るや 湧き捨ててある 湯のけぶり”
という句を残しています。

湯田中という温泉名は、田の中からこんこんと湧き出す湯というと
ころから命名されたようです。
湯田中温泉は、渋温泉と並んで温泉郷の代表格と言える温泉地で、夜間瀬川右岸の河岸段丘上に12軒の湯宿
と共同浴場9か所からなる温泉街が形成されています。